pixta_13359184_S.jpg

施設名 ふれあいの町田
区分 介護老人保健施設
住所 東京都町田市小山ヶ丘1-3-7
最寄り駅 京王相模原線 多摩境駅下車 シャトルバスで5分
月給 313,000円/経験5年目(標準)
時給 1,500円~1,800円
ボーナス 年3回/4ヶ月
定員 定員150名
休日数 年間休日124日

東京都町田市☆介護老人保健施設 ふれあいの町田の看護師求人

pixta_14262588_S.jpg
常勤で働いていると、日勤も夜勤もこなす事になります。
人間の身体というのは、本来は日が昇ったら目を覚まして、日が暮れたら眠るといった生活サイクルになっています。
でも、夜勤というのはその自然のサイクルに反する事になるので、身体が受ける影響は大きいんですよね。
看護師の中には、夜型だと言う方も沢山いて、夜型だから夜勤を続けていても平気だという方が少なくありません。
でも、自分では気がつかないうちに、身体のサイクルがどんどん乱れて、いろいろなところに支障が出てしまうものです。
夜間に起きている事で最も崩れてしまうのが、ホルモンバランスなんです。
ホルモンバランスが乱れてしまう事で、生理不順や冷え性、肌トラブル、それに不妊症を引き起こしてしまう方もいます。
実際に、そのような悩みを抱えている看護師は沢山います。
冷え性というと、ただ身体が冷えてしまうだけだと思っている方が多いかもしれません。
でも、冷え性をそのままにしておく事で、いろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があります。
冷え性になってしまうと、血流が悪くなって、身体全体の機能が低下してしまいます。
そうすると、代謝機能が低下して免疫力が下がり、風邪を引きやすい身体になります。
代謝機能が悪くなると、太りやすくなってしまいますし、精神面のバランスも崩れるので、イライラしやすくなります。
私は、以前常勤で働いている時に、冷え性に悩まされました。
生理不順が酷くて、体調を崩してしまったんですよね。
でも、結婚した事もあって、日勤のみのパートに働き方を変更したら、冷え性が徐々に改善されて、生理不順も治ってきたんです。
でも、常勤で働くからには、夜勤は避ける事ができません。
ホルモンバランスを整えるように気を付ける必要があります。

その病院に決めて本当に大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加