pixta_6815435_S.jpg

施設名 芙蓉園
区分 特養ホーム
住所 東京都町田市鶴間661番地8
最寄り駅 東急田園都市線 南町田駅
月給 300,025円〜357,410円(手当含む)
ボーナス 年2回 /4ヶ月
定員 定員190名
休日数 年間休日118日 4週8休
看護師寮 有(1R)

東京都町田市☆特別養護老人ホーム 芙蓉園の看護師求人

pixta_6997378_S.jpg
看護師として働き始めて、3、4年目ともなると、責任のある仕事を任されるようになります。
新人の頃は、仕事を覚える為に、先輩看護師に教えてもらう立場なんですが、今度は、自分が新人を指導するといった業務を任されるようになります。
私もプリセプターの業務を経験しました。
始めてプリセプターの業務を任された時には、すごく緊張しました。
何もわからない新人看護師に、いい加減な事や曖昧な事を教える事はできません。
それに、新人看護師にとってプリセプターの存在はとても大きく、どんなプリセプターに指導してもらうかによって、看護師としての生活が決まってきます。
プリセプターというのは、自分自信のスキルアップにもなるんですよね。
後輩に指導する事で、新しい事に気がついたり、自分自信が学んできた事を、改めて確認する事もできます。
今までに何人もの新人看護師のプリセプターをしてきましたが、その中には困った新人看護師もいました。
全くやる気がなくて、挨拶や返事もろくにしない、それに、ミスをしても反省している様子もない新人がいました。
医療ミスの怖さというのは、看護学校で充分に教えられているはずなんですが、それが全く分かっていないんですよね。
新人看護師が何かミスを起こしてしまうと、指導しているプリセプターの責任にもなってしまいます。
だから、私はその新人看護師に対して、一生懸命に指導しましたね。
でも、ほとんど改善される事はありませんでした。
彼女は、働き始めて数年で、退職してしまいました。
私は現在、身体の事も考えて、週に数回、派遣の看護師として働いています。
新人看護師というのは、実際に現場に出て全ての事が始めてだし、戸惑いがすごく大きいんだと思います。
指導する際には、そのような気持ちを理解してあげる事が大切です。

その病院に決めて本当に大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加