pixta_5382009_S.jpg

施設名 レーベンホーム戸田(従来型・ユニット型)
区分 特養ホーム
住所 埼玉県戸田市中町1-29-5 特別養護老人ホームレーベンホーム戸田
最寄り駅 戸田公園・蕨駅
月給 239,000円~305,000円
定員 従来型50名 ユニット型定員42名 
休日数 年間休日110日 月9日休

埼玉県戸田市☆特別養護老人ホーム レーベンホーム戸田(従来型・ユニット型)の看護師求人

pixta_11763399_S.jpg
最近は、常勤の看護師よりも、派遣やパート、バイトのような非常勤ナースのほうが多い職場が沢山あるんですよね。
働いている看護師の半数以上が非常勤という所もあるんですよ。
そのような状況を見ていると、看護師不足で悩んでいる職場が多いんだな、という事が良くわかりますよね。
手当がついて高給だと言う事で、夜勤専従の派遣が人気がある反面、やっぱり夜勤を避ける看護師が多いんです。
それも分かる気がします。
夜勤の勤務って、簡単な事ではありません。
人が寝ている時間に働く仕事なので、生活のリズムが乱れ、身体に負担もかかるんですよね。
常勤で働いている看護師の中には、生理不順や冷え性、不妊症で悩んでいる方が沢山いるんですよ。
職場によって業務内容が違いますけど、急性期の病棟などは、たとえ夜間であっても、急変やステルペンなど、イレギュラーな事態が沢山起こります。
夜勤というのは、基本的に休憩や仮眠があるんですけど、忙しい職場の場合は、仮眠どころか休憩も充分に取れない職場もあるんです。
そのようなハードな業務内容の職場は、確かに給料は高いんですよね。
でも、プライベートの時間は確保できなくなるし、肉体的にも精神的にも負担が大きくて、身体を壊してしまう可能性もあります。
実際に、業務内容がハードな大学病院などは、若い独身の看護師がほとんどで、既婚者はほとんど働いていません。
多くの方が結婚を期に退職しています。
高度な医療技術を扱っている大学病院などは、確かに看護師としての知識や技術を身につける事ができます。
でも、その分犠牲になる事は多いですよね。
私も、若い頃に大学病院で働いていたんです。
でも、ハードな業務で身体を壊しかけて、今は派遣で働いています。

その病院に決めて本当に大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加