献血ルームの看護業務☆看護師派遣求人

pixta_2959508_S.jpg
日赤の血液センターで非常勤看護師をしています。
日赤の血液センターは全国に沢山あり、各地で献血活動を行っています。
私は主人が転勤族なので常勤での仕事は難しいです。
日赤は全国にありますし、献血ルームはどこの地域にもあります。
転勤の際にスムーズに職場探しが出来ると言う事で、献血ルームを選びました。
他県に引っ越しても、献血ルームから他の献血ルームに移るだけなので、手続きもスムーズです。
非常勤ですが、ずっと献血業務を行っているので、給料加算があります。
献血の仕事は最初、恐怖感がありました・・・。
私も大学生の頃に献血を受けに行った1人ですが、太い針を刺して、30~1時間(成分献血だったので)は動けなかった記憶があります。
しかも、私は血管が出にくくて採血だけでも失敗される事があり、初めての献血でもやはりルート取りに失敗され、失敗された場所は青くなってしまいました。
献血針は太いので、失敗してしまうと痛いし腫れるし大変です。
初めて献血ルームで仕事をする事になった時は、日赤が主催する研修がありました。
献血業務の流れ、看護師の役割、物品の準備から片づけ、献血機械の取扱い、採血、献血の手順など2日間かけて事前研修を受けました。
同時期に数名の看護師が入職の予定だったので、日赤主催の事前セミナーには沢山の参加者がいましたよ。
献血の仕事はただ採血すれば良いと言う訳ではありません。
ボランティアで献血に来て頂くので、気持ちよく献血をして頂いて、また献血に行きたいと思っていただかなくてはなりません。
接遇がとても大事なんです。
献血は痛みも伴いますし、体力的にも大変な事です。
採血や献血の際は痛みが最小限になるようにして、しっかりと休んで頂くのが看護師の役割です。
献血ルームはそれほど混み合う事はありません。
1人1人の方とゆっくりとお話しをする時間も余裕もあります。
痛い思いをして献血に協力して下さった方には、気持ちの良い思いで帰って頂けるようにサポートするのが献血ナースの仕事だと思っています。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加