病棟の採血・点滴係☆看護師派遣求人

pixta_5382009_S.jpg
各病棟によって看護師の業務がスムーズにいくように工夫をしていますね。
看護師の残業が多いのは看護業務以外の雑務が多いからだと思います。
少しでも看護師業務が分業出来れば、残業も減りますし、その分患者さんと接する時間が増えたり、ケースカンファの時間も取りやすくなり、看護師にとっても患者さんにとっても良いと思います。
看護業務の分業と言う事で、ケアワーカーや看護助手を増やしたり、クラークを配置したり、ボランティアを入れいている病院もあります。
私が派遣で行っている病院は、採血・点滴のみを任される仕事があります。
急性期の忙しい病棟ですが、看護師業務が分業になっているので、看護師がそれぞれの仕事に専念出来ます。
この病棟では、患者の受け持ち、リーダーに加えて、採血・点滴のみを行うスタッフがいます。
日勤スタッフが多い日はその中からフリー看護師を1人入れて、採血・点滴のみの業務をしています。
スタッフが少ない日は派遣ナースが採血・点滴の業務を行います。
平日は採血オーダーが多いですし、点滴もただルートを繋ぐだけでなくて、点滴オーダーのチェック、点滴の内容チェック、患者さんの確認、ルートの確認などをしながら回ります。
ルートを入れてから日がたっていたり、漏れてしまっていたら点滴の刺し替えもします。
急性期の病棟では点滴をしていない患者さんの方が少ないくらいなので、点滴の更新や刺し替えをしていると、あっという間に午前が終ります。
採血・点滴のみの仕事に集中出来るので、私はこの働き方に満足しています。
採血・点滴係の時は、ナースコールに出なくて良いと言われ、ピッチも持たされていません。
患者さん対応は受け持ちスタッフの責任と言う事で、フリー業務の派遣ナースは採血・点滴のみに集中できる環境ですよ☆

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加