検査科のナース☆病棟の採血業務 看護師派遣求人

pixta_4995602_S.jpg
私は総合病院の検査科で病棟患者の採血を担当しています。
検査科では、病棟から採血のオーダーが入ると、病棟まで行って採血をします。
大きな病院では分業が進んでいて、病棟ナースは採血のオーダーを出すだけと言うシステムが整っています。
病状を見ながら採血のオーダーが出る事がありますよね?
看護師は沢山の受け持ち患者さんを看ながら、検査に出したり、処置をしたり・・・。
採血をするためには、オーダーを受けて、スピッツの準備、ラベルを作る、他のスタッフとダブルチェック、患者さんを確認・・・・などなど、たった1人の採血にも時間が掛かります。
沢山の業務を抱える事は医療ミスに繋がる原因となる事もあります。
こんな時に、ドクターが採血オーダーを出すと、指示が検査科に反映されて、検査科のスタッフが採血業務を全てやってくれると助かりますよね!
私は検査科に配属されているので、病棟で採血のオーダーが入れば採血をしに病棟に上がります。
私がいる病院では、朝の採血に間に合うように早番があります。
病棟では朝の採血が平日は連日沢山ありますよね。
沢山の採血があるため、ラウンドが進まなかったり、他の看護業務が止まってしまったり・・・。
それを防ぐために、検査科のナースが病棟の採決に回ります。
もちろん検査室までスピッツを届けてくれますよ。
採血係は病棟に属さないナースで、採血のみの仕事をするので、ナースコールが鳴っても対応しません。
採血以外の業務は病棟ナースがします。
分業をしてお互いの業務がスムーズに進むようにしています。
採血は、誰でも慣れてしまえば簡単です。
コツを掴めば誰でも出来ます。
血管が出にくい方は確かにいますが、経験をしていくと自然と上手になっていきますよ☆
採血のみの業務を行うので、看護計画や記録はしません。
雑務もないので残業もありません。
残業が難しい方や、職場のわずらわしい人間関係が苦手な方などに向いていると思います☆

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加