観光地の施設に常駐する仕事!??ツアーナース派遣

pixta_6361325_S.jpg
ツアーナースって本当にたくさんの場所に派遣されますよね。
小学校・中学校の移動教室や修学旅行などは定番です。
結構マイナーなんですが、施設常駐の募集があるのを知っていますか?
施設常駐の仕事とは、ある観光地でイベントがある時(ゴールデンウィークや年末年始など)に、数日間現地に泊まって施設の救護室などで待機をする仕事です。
修学旅行や移動教室では生徒と一緒にイベントに参加して、ご飯も一緒に食べます。
でも施設常駐の場合は、イベントに参加するのではなく、救護室に来る方の対応をします。
施設常駐の募集がある時は大きなイベントがあり、大勢の方がやってきます。
急病や怪我はつきものです。
イベントが終了する数日間は施設の救護室に常駐します。
このように救護室に常駐する仕事では、救急外来や外科系の職場の経験を問われることがあります。
私が昨年参加した仕事は日光に5月の連休中にイベント中の4日間、現地に泊まりました。
現地ではホテルや食事は用意していただけます。
かなりの大規模なイベントなので、施設の常駐ナースも数名いて、交代で各時間帯に救護室に入ります。
5月はまだそれほど暑い時期ではないので、熱中症などの患者さんはいませんでしたが、人混みで体調が悪くなる方や、足にまめができて歩けなくなった方、転んで怪我をした方など様々な方が来られましたね。
大きなイベントの時は、高齢者の怪我や体調不良が目立ちます。
高齢の方はもともと持病があるので、人混みで無理をすると、再発したり・・。
心筋梗塞や脳梗塞などは再発しやすいので、再アタックには要注意です。
無理をするとすぐに体調を崩す方もいますね。
大きなイベントは楽しくてついつい無理をしてしまって体調を崩していまいます。
子供も同じでちょっと気が緩んで怪我をしたり・・・。
救護室は結構混み合ってましたね。
イベントナースの仕事は楽しさ半分、大変さ半分です。
病棟ナースのままでは絶対に体験出来ない事だな〜と思っています。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。