検診採血の看護師派遣の口コミ

pixta_7414720_S.jpg
検診には、法令により義務づけられた検診と、任意の検診があります(´・Д・)」
市町村で行われている基本検診や学校検診、職場で行われている職場検診は、法令により義務づけられた検診です。
こういって検診は、費用の補助があり、自己負担が一部もしくは、無料で検診を受けることができますね(*^^*)
また、特定の疾患を早期に発見するための検診などは、任意の検診になります。
任意の検診には、ガン検診などがありますね(^_^)
一般的な検診には採血がつきものです。
採血項目には・・・
血清脂質検査のための総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪。
貧血などの値が分かるヘモグロビン、赤血球数、ヘマトクリット、白血球数。
腎機能の異常がわかるクレアチニン。
痛風検査のための尿酸。
肝機能異常がわかるGOT、GTP、γ-GTP、ALP、総蛋白、総ビリルビン。
糖尿病検査のための、空腹時血糖値やHba1c。
この検診による採血は、生活習慣病などの病気を早期に発見するには有効なデータになりますね(*^^*)
採血データで異常値があれば、精密検査や要指導となります。
任意で行うガン検診に関しては、前立腺がんの場合の腫瘍マーカーが、高い確率で早期発見できることから、ガン検診で用いられていますね。
検診での採血は、多ければ一人当たりの採血人数は、一日100人以上になることもあります。
採血人数は、検診会場により少ない時もあります。
職場検診のときは、十数名程度で終わることもありますよ(*^^*)
採血は、看護師の手技がもっとも試される仕事です。
採血がスムーズに行われないと、長蛇の列が出来てしまい、気持ちが焦って着ます。
だから、採血が苦手な人は、採血以外の業務に回してもらうこともありますよ(´・Д・)」

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加