働き方で選ぶ看護師派遣求人

単発派遣におすすめ☆ツアーナース求人

ツアーナースってどんな仕事??

 


ツアーナースって本当にたくさんの場所に派遣されますよね。
小学校・中学校の移動教室や修学旅行などは定番です。
結構マイナーなんですが、施設常駐の募集があるのを知っていますか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クリニックで看護師スポット派遣☆看護師単発派遣の求人について

pixta_6659259_S.jpg
最近は看護師の単発派遣の求人が増えていますね。
どこの職場も看護師不足に悩んでいますからね。
常勤ナースが確保出来ない職場では、単発派遣のナースを多く確保したいですよね。
看護師単発派遣の求人は沢山の職場があります。
1回限りでOKの職場もあれば、定期的に職場に入る事が条件の職場もあります。
1回限りでOKの仕事は「スポット派遣」と呼ばれています。
クリニックや病棟・外来などの求人も増えています。
私はクリニックのスポット派遣に何度か行っています。
クリニックのスポット派遣は、1日だけの仕事なので、採血だけをするパート、点滴だけをするパート、診察の介助だけをするパートと言うように分かれていますね。
1回だけ仕事に入っても業務も流れも分からないし、職場のスタッフの顔も名前も把握していませんよね。
その状態で仕事に入るので、派遣ナースにとっても、職場にとってもやりにくいですよね。
なので、1回限りで仕事が終わったとしても困らないような業務を任されます。
点滴や採血なら患者さんとの人間関係はそれほど重要ではありませんよね?
クリニックは定期的に受診する患者さんが多いです。
特に高齢の方はいくつかの科にまたがって、毎日のように受診される方もいます。
看護師の名前や顔も覚えていますし、その事に安心感を持つ患者さんが多いのです。
単発で入った看護師は患者さんにとっては「知らない人」なので最初は不信感を持ちますよね。
でも、採血や点滴なら数分間だけの付き合いなので、人間関係はそれほど重要ではありませんよね。
クリニックでは完全予約制でない限りは結構ハードです。
診察終了間際の駆け込み受診の方も多く、残業も多い仕事です。
クリニックでバイトをするなら完全予約制の職場を選ぶと良いですよ!
特にダブルワークの方には労働環境は重要です。

訪問入浴で看護師スポット派遣☆訪問入浴ナースの仕事について

pixta_6518547_S.jpg
訪問入浴で単発の仕事をしています。
ダブルワークなので単発の仕事がしやすいですね。
私は普段は民間病院で常勤をしています。
夜勤ありのシフトなので、病院の連休の時などに単発バイトに入ります。
単発バイトの求人先は沢山ありますが、訪問入浴が一番入りやすいと思います。
それは365日オープンの施設が多いので、希望した日時にシフトに入りやすいからです。
土日休みの職場だと、せっかくバイトに入りたくてもシフトが合いにくいと言う事があります。
訪問入浴は単発だったり、月1回のみだったりと、イレギュラーに仕事を入れいている方が沢山います。
ダブルワークの方も多いので、職場の受け入れも良いですよ。
今までいくつかの事業所を回りましたが、事業所によってかなり業務量が違いますね・・・。
お宅を訪問するだけではなくて、老人ホームや老健などの入浴に伺う事もありますが。どこもスタッフ不足でバタバタ・・・。
初めて仕事に入る時は業務の流れくらいは確認したいのですが、確認する余裕がない…と言う事もあります。
それくらいスタッフがギリギリの介護系施設が多いんですよね。
でも逆にスタッフがギリギリの職場が多いので、看護師の募集は1年中ありますし、ほぼ希望のシフトで入れます。
シフト完全自由の単発バイトが多いので、ダブルワークの方には入りやすいですよね。
訪問入浴の仕事は事業所によって違いが大きいので、当たり外れがあるな~と思います。
全くチームワークがない職場と、皆で声を掛けあって助け合う職場に分かれますね。
介護士さんのキャラも多きな要素です。
介護系の職場では看護師よりも介護士の方が権力を持っています。
介護士に指示されて看護業務を行う職場もあります。
お局さんの介護士がいた場合はもう仕事がしにくくて仕方がありません。
医療の知識がないのにとんでもない指示を出してくる事もあります。
介護系の職場で上手く仕事がしたいなら、職場の環境を見るのは重要です☆
看護師が看護業務をするのにビクビクしているような職場が実際に多いので要注意ですよ!

夜勤の看護師単発派遣ってどう?夜勤スポット派遣のメリット・デメリットについて。

pixta_12526673_S.jpg
有料老人ホームで夜勤単発派遣をしています。
有料老人ホームは看護師が夜間に常駐している施設は少なく、介護士が常駐している施設が多いです。
看護師が夜間常駐している施設でなければ看護師の夜勤単発派遣の求人はありません。
最近では、「夜間に看護師が常駐している」と言う安心感を選ぶ入所者が増えており、夜間も看護師を常駐させる施設が増えてきました。
有料老人ホームは生活自立度が高い方が多く、医療ケアや積極的な治療が必要な方はいません。
医療ケアはごく初歩的なものが多く難しい看護業務はありません。
また何か治療が必要な状態になった場合は退所して一般病院に入院する事になります。
有料老人ホームは医療施設ではないので治療に必要な設備がありません。
施設内で怪我をして治療が必要になった場合は、施設内の設備で出来る範囲の治療はもちろん行いますが、それ以外は医療機関に転院や通院をする事になります。
有料老人ホームは積極的な治療が必要な方や医療的なケアが必要になった方は原則転院となるので、難しいケースの患者さんはいません。
入所者さんが急変すると言うケースも高齢者の方が対象なのでもちろんあります。
有料老人ホームでは急変時も医療設備が整っていないので、出来る事に限りがあります。
もちろん救急車が到着するまでは、ある物品で対処します。
有料老人ホームの夜勤は看護師1人+介護士2人の対応が多いです。
何か医療的なトラブルがあった時は全部の入所者さんの対応を1人の看護師が行います。
全部の入所者さんと言っても100人前後の施設が多いです。
単発で夜勤に入る場合は看護師は1人ですから、周りに相談出来るスタッフがいません。
何かトラブルの際に頼れるスタッフもいません。
何もない夜勤の方が断然多いのですが、何かあった時は対応に追われますね・・・。
でも、夜勤で単発の仕事をするなら老人ホームが一番入りやすいし、業務も簡単だと思いますよ☆

デイサービスの看護師単発派遣☆

pixta_7131474_S.jpg
看護師単発派遣は介護系施設の求人が多いですね。
私は高齢者看護に興味があり、今後は在宅看護をしたいと思っています。
私は都内の大学病院の付属学校を卒業して系列病院に就職しました。
もう5年が経つので、そろそろ実家の宮城に戻ろうと思っています。
宮城に戻る前に取れなかった年休を一気に消化している所です。
単発派遣は都合が良い時にシフトを入れられるので、時間的に余裕のある今、初めて単発バイトをする事にしました。
デイサービスの単発バイトを選んだのですが、全くの未経験なので、どんな場所なのか検討も付きませんでした。
デイサービスは、私の性格に合うな!と直感で思いました。
私が今の職場を離れようと思ったのは、1人1人の患者さんの気持ちよりも、医療者側の都合を押し付けたり、1人1人とゆっくりと話を聞く余裕もない日々に疲れたからです。
忙しさの中で、患者さんを最優先にする気持ちが少なくなってしまうんですよね・・・。
デイサービスは終始穏やかに時間が過ぎます。
高齢の方はお話しが好きな方が多いし、デイサービスに来る方は誰かと接したり、話をする機会を持ちたいと思っている方ばかりなので、とても話しやすかったです。
デイサービスでは医療行為が少ないので、時間に追われることもありません。
高齢者のペースに合わせて、ケアをしたり、入浴や散歩をしたり、絵や書道、手芸などで指先の訓練をしたり・・・。
1日があっという間に過ぎるほど、私には癒しの時間でした。
地元に戻ったら、老人病院かリハビリ病院に転職をしようと思っています。
事前に単発バイトを通して介護系の施設の様子を見る事が出来て良かったです。
デイサービスは看護師としてやり甲斐が少ないなんて声も聞かれる事がありますが、それぞれ向き不向きはあると思います。
バリバリと看護師として働きたい!と言う方にはちょっと物足りないですね・・・。

看護師の単発派遣☆整形外科

pixta_1556992_S.jpg私は子育てに専念するため、5年ほど専業主婦をしていました。
子供が年中さんになり、そろそろ私も仕事がしたいなぁって思ったんですよね。
子供が小さいうちは、看護師の仕事って両立が難しいですよね。
私は病棟勤務をしていましたが、残業ばかりの毎日で日勤でも帰宅は22時近くになっていました。
私の働く病棟はママさんナースがいなくて、自分も出産したら退職だな…って感じていましたね。
しかし、専業主婦って思っていたほど楽しくもありませんでした(-“-)
子供が生まれてすぐの頃は、子供と過ごす毎日が幸せだなぁって思っていましたが、5年も家にこもっていると、イライラしてばかりで…。
これは少し気分転換に仕事に出た方がいいかなって思い始めたんですよね。
しかし、5年もブランクがあると、なかなか看護師復帰に踏み切れませんでした。
病棟経験があるとはいえ、医療は日々進歩していますからね。
それに、なにより不安が大きかったのが電子カルテの普及です。
私、パソコンとか機械系はまるっきりダメなんです。
看護師復帰したいけど不安…そんな悩みを友人に打ち明けたところ、「MCナースネット」という看護師求人サイトを紹介してもらったんです。
登録するとすぐに電話がきて、希望や心配なことを聞いてくれました。
そして紹介されたのが整形外科クリニックの看護師派遣です。
整形外科クリニックの外来診療介助業務だから、難しい仕事もないんです。
私のようなブランクありのナースでもOKだし、整形外科未経験でも OKの求人で、不安だった電子カルテはなく、紙カルテなんです。
時給は1800円で交通費も全額支給なんです。
駅から徒歩三分で通勤も楽なんですよ。
週に3~4回のお仕事ですが、夏季休暇や年末年始のお休みももらえるし、社会保険も完備で嬉しいですね。
残業もほとんどないから、子育てと看護師の仕事の両立が出来ていますよ(^_^)

4月は検診のスポット派遣が沢山~♪看護師派遣の口コミ

pixta_4995602_S.jpg
4月は進学や入学などで、検診派遣の依頼が増えますね。
私はダブルワークで検診派遣の他に、デイサービスでパートもしています。
検診派遣を続けているのは、ズバリ時給が高いからです!
先日は、私立大学の入学時検診に行ってきました。
マンモス大学なので、日程は5日間あり、2日以上の勤務が条件でした。
時間は8時から12時まで、8時から17時までの2パターンがありました。
私は5日間参加して、1日8時間の派遣をしました。
2日のみの派遣だと時給が多少安くなります。
5日間の派遣だと時給が高くなり、日給は1万5千でした。
主な業務は、問診です。
事前に配布したカードを元にグループに分かれてもらい、看護師は椅子に座り、学生がその前に並びます。
1人ずつ問診を行い、次の検査に通すのが仕事です。
問診だけで、ずっと座っていられるので、本当に楽な業務ですよ!(^^)!
スポット派遣なので、ダブルワークの方も多かったですし、給料も翌週振り込みだったので、嬉しかったですね(#^.^#)
検診派遣は、ほとんどが30代のママさんナースです。
または子供が小学生や中学生のママさんナースですね。
育児と仕事の両立ができる職場って看護師の場合は少ないですよね・・・。
どんなに院内保育園があっても、病児保育があっても、常勤で不規則勤務をこなすのは大変ですよね。
病棟や外来は夜勤ができる看護師を求めますが、独身ナースか、子供が大きくなった40代〜50代のナースでなければ、常勤でバリバリは難しい気がします・・・。
せっかく資格を取ったのに看護師として働けない方が約半数もいるなんて・・・。
これは異常事態ですよね。
看護大学や看護学校は増える一方なのに、現場の看護師は一向に増えず、スタッフの入れ替わりが激しい病院ばかり・・・中途採用のスタッフは病院に馴染む前に辞めてしまう・・・。
仕事と育児の両立を考えるなら派遣は最適だと思います。
特に検診は、ブランクがあっても事前研修があるので安心ですし、難しい医療行為もないので経験が浅くも問題ありません。
シフトに融通がきくし、周りはママさんナースが大半なので育児の理解も得られます。
ブランクが空くのは心配だけど、常勤での勤務も難しい・・・そんな方には派遣をお勧めします。
(31歳 民間病院+健診派遣 大阪府)

個人病院の夜勤スポット派遣(#^.^#)看護師スポット派遣の口コミ

pixta_4995608_S.jpg
個人病院の夜勤で欠員が出た時や、急なシフト調整が必要になった時などにスポット派遣で勤務しています。
私が今行っている病院は、個人病院で内科系の職場ですが、有床で10床です。
スタッフがとても多い病院で、夜勤は看護師2人体制で、病棟と外来を担当します。
このスポット派遣は、登録をしておくと、シフトの調整が難しい時や、スタッフの欠員が出た時に事前に連絡を貰い、仕事の予定を入れると言うものです。
私以外にもスポット派遣で登録をしている看護師が何人かいますが、夜勤が出来る常勤スタッフが少ないようで、私たちにも夜勤がしっかりと回ってきますよ!
内科系の病棟ですが、10床しかない上に看護師2人体制なので、夜勤も楽です!
仮眠や休憩もバッチリ取れます。
都合に合わせて夜勤のシフトを入れることが出来るので、気も楽ですよ!
2交代制の病棟なので、1勤務は16時間と長いのですが、仮眠が3時間あって、それ以外にも休憩が2時間はあります。
これだけ良い条件で1勤務3万円なので、絶対に辞めたくないですね!
個人病院のスポット派遣求人はとてもレアな求人です。
しかも1回3万円の個人病院の求人ってほとんどありません。
病院によっても夜勤の給料は様々です・・・。
1回の夜勤で1万5千円という病院もあります。
老人施設などの夜勤は1回2万円ほどが多いですね。
私のお勧めは、ベネッセの介護系施設での夜勤派遣です。
ベネッセの施設は関東が中心ですが、とにかく待遇が良い!
しかも綺麗な新しい施設が多いので、看護師の休憩・仮眠の部屋もとても綺麗です。
スタッフも新しいメンバーが多いので、新鮮な気持ちで働けますよ。
昔からある老人施設だと、長く勤める看護師や介護士が居座って、居心地の悪い職場が多いですからね・・・。
ベネッセの施設は1回の夜勤で3万円以上の求人も多いです。
日中のスポット派遣の求人も多いので、日勤と夜勤の組み合わせも良いですし、ダブルワーク可の求人も多いので働きやすいですよ☆
(33歳 老健常勤+スポット派遣 愛知県)

夜勤のスポット派遣★看護師単発派遣の口コミ

pixta_6149285_S.jpg
スポット派遣は基本的には1回単位の仕事です。
夜勤のスポット派遣は数は少ないのですが、条件の良い求人が出ていますよ★
派遣先は色々ですが、老健・老人病院・老人ホーム・個人病院・グループホームなどが多いですね。
私は老健や老人病院のスポット派遣は何度も行っています。
どこの施設もスタッフがギリギリだから、どうしても夜勤のシフトが組めない時などに募集があります。
スポット派遣の場合は、仕事のたびに派遣される場所が変わるので、スタッフや患者さんの名前や顔も知らずに仕事をするので、慣れるまではちょっと大変ですね・・・。
難しい医療行為が必要な職場では、スポット派遣の募集はないと思います。
基本的な看護技術があれば、仕事には問題がない程度の職場が多いです。
スポットでの仕事の場合は、メンバーとしてと言うよりも、フリーのナースとして働く事になります。
夜勤のフリーって、患者さんの顔や名前、疾患名など分かってなくても、取り敢えずは対応出来ますよね。
雑務が多くて、ナースコールの対応が主な仕事になります。
分からない事や、医療的な事は他の看護師のスタッフに依頼する事が多いですね。
老健や老人病院などの夜勤派遣は、フリーの看護師業務の他に、オムツ交換や体交に回ったりします。
スポット派遣の良い所は、時給が高い事と、給料即日払いの求人が多いと言う点ですね(=^・^=)
日払いのスポット派遣はとても人気がありますよね。
スポット派遣をしている看護師はダブルワークで普段は常勤やパートで働いているという方が多いんですよね。
民間病院だと基本給もなかなか上がらないし、どんなに残業をしても残業手当がつかなったり、夜勤手当が安かったりで、ハードな割に稼げないという声をよく聞きます。
私も民間病院の勤務なのですが、就職して5年経つのに給料は一向に上がりません。
ボーナスも年額で50万円くらいです・・・。
その割に仕事はハードで雑務ばかり・・・スタッフの入れ替わりが激しくて辞めたいのに辞められない・・・。
給料アップのための転職すらできない状況です。
そんな状況なので、夜勤の単発派遣の仕事は本当に助かります!
働きたい時だけ働けるので、旅行に行く前にお小遣い稼ぎとか、月末の給料日前に日払い派遣を入れるとか。
自由に働けるのでダブルワークでもストレスは溜まりませんよ☆
(29歳 民間病院常勤+スポット派遣 宮城県)

ダブルワークで給料アップ!(^^)!看護師スポット派遣の求人

pixta_6470834_S.jpg
パートと派遣の掛け持ちをしています!
普段は訪問入浴で週3回のパート。
後は、子供の学校や園の行事や自分の都合に合わせて検診派遣を組み合わせています。
検診派遣はスポット派遣で1日限定のものが多くて、仕事が終われば翌日が給料なので嬉しいですね★
出費が続くときとか、子供のお金が必要な時とか、冠婚葬祭とか、お金が必要な時ってありますよね。
働いたらすぐに給料だから、ちょっとくらい大変な仕事でも「まぁいいかっ!」って割り切れちゃいますね!(^^)!
スポット派遣は、イベントの仕事とか、献血とか、グループホーム、デイサービスが多いかな~。
どの仕事も医療行為はほとんどないし、慣れてなくてもすぐに対応出来る仕事ばかりなので、精神的にも楽ですよ!
1回きりの仕事だから、看護師特有の派閥とか、女のドロドロの人間関係に疲れることもないし、精神的にも楽~★
ダブルワークで単発派遣をするまでは、仕事を掛け持ちするなんて大変すぎ!と思っていました。
でも1つの職場で人間関係に悩みながら、「給料安い!」とか文句を言いながら働くくらいなら、単発派遣で働いて給料アップした方が全然良いですよ!
1回きりの仕事なので人間関係で悩む暇もありません☆
看護師の仕事って9割が女性の職場だから、ドロドロですよね。
人間関係が良い職場なんてあるのかな??って思うくらいです。
その点、単発派遣はさっぱりしていますよ☆
仕事が終わればパパって帰れるし、他の人が仕事が終わらない中、コソコソ隠れるように帰るとかありません!
自分の仕事が終われば、皆さんドンドン帰りますよ。
ほとんどの方がママさんナースなので、1分でも早く帰りたいのが本音です。
さっぱりした職場を希望の方、給料アップが希望の方には単発派遣の仕事はオススメですよ☆
(36歳 訪問入浴パート+単発派遣 神奈川県)

働いたら即日給料って本当に助かる(*^。^*)給料即日払いの看護師派遣

pixta_6518547_S.jpg
シングルマザーです。
子供はまだ2歳と5歳で、近くに頼れる身内もいないから、常勤だとなかなか難しい・・・。
今は平日はパートで、隔週の土曜日に派遣の仕事を入れてます!
子供たちが行っている保育園は土曜日保育もあるから、土曜日に数時間預けて派遣に行っています。
平日のパートは、残業が無理だから近くの公立病院の外来を選びました。
9時~16時の勤務で残業なし、土日祝日も休み。
人間関係も良いし、特にデメリットはないけど、パートだと給料が安いし、ボーナスも常勤の半分しかありません・・・。
シングルで子供2人育てるって大変ですよね。
子供が病気したら、仕事休んで看病するしかないけど、休んだ分だけ給料は減るし・・・。
年休もあるけど、冬なんて兄弟で風邪ばっかり引いて1週間続けて仕事に行けない時もありますしね・・・。
派遣は子供の体調を見ながら自由に入れられるし、当日のキャンセルにも対応してくれるから気が楽!
スポット派遣だから、土曜日働いて月曜日には給料が入るから月末の金欠の時に本当に助かります!
子供の病気で欠勤が多い月も、スポット派遣を増やせば良いから精神的にも楽かな~★
スポット派遣のメリットは、とにかく自由に働ける!という点です。
子供が小さいと、すべて子供のペースになりますよね。
子供が病気の時は側で看病してあげたいし、子供の園行事の時は必ず行ってあげたいし、習い事だってさせたい!
でもそうなると、常勤では無理が出てきます。
シングルでただでさえ寂しい思いをさせているので、これ以上は負担を掛けたくないのです!
幸い看護師の仕事は職には困りませんし、給料も結構いいですよね。
それでも1人だけの給料で生活して、子供たちの教育費も稼ぐとなると、給料の良い職場を選びたくなります。
そうなると常勤でバリバリ・・・家族との時間は減る一方です!
それが派遣だと、シフトに自由が効くので無理のない範囲で働けます☆
働きたい時だけ自由に働ける仕事なんて、なかなかありませんよね。
単発派遣は、1年中募集があります。
仕事が連休の時とか、月に1〜2回働くだけでも給料アップになりますよ!
しかも子供にこれ以上の負担をかけずに給料アップできるので、満足しています!
(34歳 外来パート+単発派遣 千葉県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師健診派遣は週1回からの勤務が可能?

pixta_9428854_S.jpg
看護師派遣求人の中でも健診の仕事は人気がありますね。
また看護師バイト求人は定期的な仕事よりも、単発や短期の求人が人気なのです。
看護師健診派遣は、不定期や週1日だけの勤務が可能でしょうか。
各派遣先によっても条件は様々です。
健診業務に携わったことがある方、小児科での経験がある方などが条件になることもあります。
週1回だけの勤務がOKの求人もありますし、単発でOKの求人もあります。
看護師健診派遣は、健診業務が全く初めての方でも、事前研修を受けていればスムーズに仕事に入れると思います。
看護師健診派遣はほとんどの方がバイトや派遣の非常勤スタッフです。
でも、管理者やベテランナースが同行するので、初めて健診の仕事に入っても当日に困ってしまうことは少ないと思います。
私は週1〜2回の勤務でOKの条件でした。
看護師健診派遣の仕事は、いくつかのパートに分かれて仕事をしますが、特にチームワークが大事な場面はありません。
病棟などではチームワークが重要なので、単発でスタッフが入ってもどのように指導したら良いのか分からないし、余計に手間が増えてしまうこともありますよね。
でも、健診派遣の場合は、特に健診の経験がない方でも、事前の研修をしっかりと受けていれば、周りの方の業務を見ながらスムーズに仕事に入れると思いますよ。
子供が小さくて先の予定が立てられない方は単発での仕事の方が働きやすいですよね。
看護師派遣では、スタッフにかなりの余裕を持たせています。
単発や週1〜2回のスタッフがいて、日によってはスタッフが多すぎる事もありますし、逆に子供の急病による欠勤などでスタッフが少ない時もあります。
でも業務は単調ですし、スタッフが少なくても特に困ることもありません。
急な欠勤を余儀なくされるママさんナースには働きやすい条件だと思いますよ☆

乳幼児健診の仕事。看護師健診派遣について。

pixta_1637814_S.jpg
子供は3歳までは定期的に健診がありますよね。
看護師健診派遣の募集では、保健センターで行われる乳幼児健診の診察補助の仕事があります。
私は先日は3歳児健診に行ってきました。
3歳児健診では、たくさんの検査項目があります。
視力や聴力は家で事前にお願いしていますから当日の検査は確認程度です。
まず会場についたら、体温を測ったり、問診票の漏れがないか?保健師やドクターに聞きたいことや心配に思っていることがないかを確認します。
健診派遣のナースは、この健診前の業務を主に行います。
会場の大きさや人数にもよりますが、看護師は5名くらいで対応することが多かったです。
乳幼児健診はだいたい1〜2時間で終わるので、来た方から順番に手順に沿って問診表のチェックやバイタル測定をして記録します。
バイタルチェックなどが終わると、いくつかのグループに分かれて、それぞれがドクターの診察に回ったり、歯科医の診察、体重や胸囲・頭囲・身長などを測ったり、そのデータを元に個別に栄養指導や精神面の検査をしたりします。
診察の介助以外の、相談や個別の指導は、栄養士や保健師などが行う為、健診派遣のナースの仕事ではありません。
健診派遣ナースは診察や健診がスムーズに進むための介助がメインの仕事です。
難しい業務はありませんし、医療行為もありません。
だいたい13時過ぎくらいから15時すぎくらいに終了することが多いです。
業務は楽ですし、派遣看護師の人数や、保健師・栄養士などの人数も多いので、残業はまずありません。
会場のセッティングや片付けをして、体温計などを車に積んでもまだ時間が余るくらいです。
時間的に短い仕事なので、日給は安くなります。
時給は1500円ほどの求人が多いので、日給は(3時間勤務として)4500円です。
1日3時間の仕事のために出勤をするのは大変だから、1日8時間の仕事を効率よくやりたいという方もいます。
でも、1日3時間ほどの短い時間での勤務なので、ママさんナースには働きやすいですよね。
実際に健診派遣ナースの大半がママさんナースですよ^ – ^

看護師健診派遣について。どんな検査項目があるの?

pixta_10161212_S.jpg
看護師の健診派遣では主に小中学校を巡回して健診を行います。
看護師は医師の診察の介助の他に、それぞれの検査ごとに分かれて業務を行います。
私は看護師になって2年ほどの経験しかなく、すぐに結婚をしました。
その後はブランクが長く、看護師の経験は2年しかありません。
ブランクがある上に経験が少ないので、一般病院での勤務はちょっと難しいかな・・・と思います。
看護師健診派遣は、難しい業務がないし、医療的なケアが少ないのでブランクが長い私でも大丈夫かなと思い応募しました。
私は現役の時は内科病棟にいたので、採血や点滴の経験はあります。
でもブランクが長くすっかりと手技を忘れていました。
手こずったのは12誘導の機械です。
学校健診の時は検査技師の方がいて心電図をものすごいススピードで撮ってくれます。
一緒に12誘導を取ることもありますが、看護師が取ることもあります。
私は内科病棟にいた時はほとんど12誘導を触った記憶がありません。
どこの部位にモニターを貼るのか忘れてました・・・。
それに、心電図の検査があるのは、小学校1年生、中学校1年生、高校1年生なのですが、小学校1年生の子供は白衣の看護師を見ただけで怯えます。
小学校1年生でも泣いてしまう子もいます・・・。
パニックの子供の心電図検査って結構ハードです・・・。
大人の方なら心拍数が上がりすぎていたり、筋電図になったら深呼吸を促せば良いのですが、子供の場合はパニックの時はこちらの指示が耳に入っていません。
子供の場合は重大な心臓疾患や不整脈はないと思いがちですが、治療が必要な不整脈が見つかったり、要検査になる子がいます。
早期発見がとても大切な器官なので、しっかりとした心電図が取れるように、声かけや子供をリラックスさせる方法を身につけるのも健診ナースの役割だと思います(^◇^)

看護師健診派遣の仕事内容。経験は必要?

pixta_9737155_S.jpg
看護師健診派遣は、主に小中学校の学校健診のお手伝いをする仕事です。
健診センターや保健センターとは業務が違います。
保健センターなどで行う市のがん検診や、特定疾患健診、乳幼児健診などでも派遣看護師がいますが、主には学校健診のお手伝いをします。
学校健診はどこの学校でも検査項目が一緒なので、一度流れを覚えてしまえば簡単な仕事です。
市の健診は、たくさんの種類があり、それぞれの検査によって内容が変わります。
検査の流れや介助の流れも違います。
がん検診ならそれぞれのがんによって検査項目が違うので、覚えるまでは大変ですね。
それに加えて乳幼児の健康診断がありますし、予防接種のお手伝いもあります。
一番簡単な仕事は学校健診の仕事だと思います。
学校健診の仕事は事前に講習があるので、ブランクがあって自信がない方も安心ですよ。
講習では業務の流れや介助のポイント、必要物品などの講義を受けて、技術の練習もあります。
採血や貧血検査、12誘導の扱い方などです。
ブランクナースにとっては久しぶりの採血は緊張するものですが、すぐに感覚を思い出しますし、他の派遣ナースと一緒に採血を実際に練習するので大丈夫ですよ。
採血は真空管での採血です。
もちろん手袋をつけて採血するので、ブランクが長い方は手袋をつけての採血に慣れてないので、最初は感覚が違い戸惑うかもしれません。
私はブランクが長いので、真空管での採血はあまりした事がありませんし、手袋をつけての採血も経験が少ないです。
手袋をつけると手の感覚が鈍りますよね。
血管が細い子供だと手袋をつけていると血管が探せないこともあります。
小学校低学年の子供は腕も血管も細いし、採血が怖くて貧血になる子がいます。
大人の採血とは違う大変さがありますね。
でも、ブランクがあっても思ったよりスムーズに仕事ができて安心しましたよ!

ブランクナースでも健診派遣は大丈夫?看護師健診派遣について。

pixta_2939204_S.jpg
私は健診派遣をしています。
他の職場での派遣を選ばないのは、健診派遣は毎年同じ時期にコンスタントに仕事があるからです。
健診の仕事は冬から募集が始まり、4月から仕事が始まります。
健診の仕事が多い4月〜10月頃までは週5日の勤務が可能です。
健診派遣の求人では時給1500〜1600円の求人が多いですよね。
この時給なら日給は、9千円〜1万円になります。
健診派遣では、早番で7時30分から出勤している方、8時、9時など出勤時間を選べます。
子供が小さいママさんナースが多いので、9時出勤は助かりますよね。
私も子供が8時に保育園に行くので、その後に出勤にしています。
1日6時間前後の仕事になると思います。
ママさんナースとブランクナースが大半ですね。
私も産後は産休+育休を取ったので、ブランクは5年近くあります。
すぐにパートか日勤常勤で復帰をしようかと思いましたが、子育てに理解のある職場って少ないですよね。
近くに頼れる身内がいない私は、子供中心の生活にしようと思い健診派遣を選びました。
健診の仕事は、覚えてしまえば難しい業務は一切ありません。
健診では医療行為もごくわずかですね。
採血や貧血検査くらいですかね。
心電図は検査技師さんがいる場合もあります。
健診ナースは、バスで学校を巡回します。
大勢の看護師でバスに乗って現場まで移動します。
基本は直行直帰ではなく、バスに集合なので、自由な時間の出勤はできません。
直行直帰が認められれば希望の時間からスタートできますが、ほとんどの方がシフトパターンの中から選んでいますね。
健診は時間で動く事が多いので、途中で勤務に来ても仕事が出来ないと思います。
それぞれが持ち場で仕事をしているので、健診開始から持ち場を離れません。
健診開始後に出勤しても、持ち場がなくて逆に困ると思います。
子供を病院に連れて行ってから出勤したい・・・というケースでは欠勤した方が良いと思います。
健診の仕事は午前に1件、午後に1件というように巡回します。
午前のみ、午後のみという勤務は可能です。

健診派遣は直行・直帰ですか?残業はある?看護師健診派遣の口コミ

pixta_6659259_S.jpg
検診の仕事は、検診車に乗って検診会場を回る仕事です。
各事業所で結構広範囲に回っていますから、自宅から遠く離れた検診会場もあれば、自宅近くの検診会場の時もあります。
基本的には、事業所からの出発や、決められた集合場所からの出発となっていますが、事業所によっては、自宅から近い場合直行、直帰が可能な場合もあります。
また、自宅を挟んで事業所と検診会場が真逆な方向の場合など、事業所集合だと非常に早い時間の集合になってしまうこともあります。
そんな時も、交渉次第で直行、直帰が可能なこともありますよ。
直行、直帰だと無駄な時間がなく助かりますよね(*^o^*)
ただ、どんなに自宅から近い検診会場でも、検診が終わってから事業所で仕事をしなくてはならない場合があります。
スピッツのラベル貼りなどの作業をやらなくてはならない時など、直行、直帰が出来ない事もありますね。
また、ナースの職場って残業の多い職場が多いですよね。
病院は、急変やステルベンがあったり、常に業務がおして毎日のように残業…という職場も少なくありません。
また、クリニックは夕方から混み始めることもあり、残業になることもよくあります(;´Д`A
しかし、検診の場合一日の検診者数がだいたい決まっていますし、受付時間を過ぎてからの検診受診はありません。
ただ、機会トラブルなどで検診が進まないことが稀にあります。
そんな時は、若干終了予定時刻を上回ってしまうことがあるんです。
といっても、滅多にあることではありませんし、元々の終了予定時刻が早い時間なので、それほど気になったことはありませんね(-_^)
だから、検診の進行具合で多少の残業があったとしても、病院やクリニックのような残業はほぼないですね。
(33歳 健診派遣 東京都)

医療行為がない分、精神的には楽かな~★看護師健診派遣の体験談

pixta_7236002_S.jpg
私は検診派遣を長く続けています。
派遣期間って続けて3年間って決まっているけど、 派遣の場合って秋~冬って仕事もないし、一度契約が切れれば、また春から新たに派遣開始っていう感じで、ずっと長く検診を続ける事が出来ますね。
これが、検診派遣が人気があるポイントだと思います。
普通のデイとか外来とかクリニックとかに派遣に行ったら、派遣期間も気にしなくちゃいけないし、しばらく経つと「直接雇用」を打診してきますよ。
直接雇用って、そこの職場にパートやバイトで入る事だけど、時給が派遣に比べると天と地ほども違う!!
その点、検診派遣の場合は直接雇用を打診される事もないので、気も楽ですね。
仕事自体も医療行為はほとんどなく、基本的な看護技術があれば全く問題ありません。
看護師の人数も相当いるので、1人や2人が急に欠勤しても業務に支障は出ませんし、検診派遣をしている方はママさんナースが多いので、急な欠勤は良くあります。
お互い様と言う感じで、快く対応してくれるパターンがほとんどなのも、精神的に楽なポイントだと思いますね!(^^)!
小さな子供がいると冬場は風邪ばかりで、欠勤が続くということがよくありますよね・・・。
病棟の場合は独身ナースが多いから、育児の理解も得られにくいし、師長や主任が育児経験者で理解のある方なら助かりますが、理解が得られないと肩身の狭い思いをします・・・。
子供が小さいうちだけかと思いきや、小学生になれば、学童に入れなかったり、長期休暇中の預け先の問題があったり、習い事をさせてあげられなかったり・・・。
子供を育てながら仕事をすることがこれほど大変だったんだ!と思い知らされることが多いと思います。
検診派遣はほとんどがママさんナースなので、皆さん同じく苦労しながら育児をして、合間に仕事をしています。
子供の急病のときも理解があるし、急な欠勤にも支障が出ないように、スタッフは多めに確保しているので、嫌味を言われることも、嫌な態度を取られることもありませんよ!
安心して子育てができる環境だと思いますよ☆
(34歳 健診派遣 神奈川県)

検診の仕事は本当におススメ(*^。^*)看護師健診派遣の口コミ体験談

pixta_6292833_S.jpg
検診派遣をしています。
子供が保育園に入ったのを機に始めたから、もう2年以上経つかな?
保育園時代って、しょっちゅう風邪引いて休んだり、呼び出されたりしますよね?
今は3歳なのでマシになりましたが、保育園に入りたての1歳前の冬はほとんど仕事に行けませんでした・・・。
近くに頼れる身内もいないし、旦那も仕事が激務で頼れないし・・・。
派遣なら自分の都合に合わせてシフトの調整が出来るし、周りもママさんナースが多いから、急な欠勤にも理解がありますよね。
園の行事の時も、休み希望は確実に取れるのでストレスも貯まりませんよ!
検診の仕事は、残業はまずありません。
仕事は直行・直帰が基本です。
私は仕事が終わったら、保育園にすぐにお迎えに行っています。
勤務時間も、いくつかのパターンから選択出来て、その日によっても用事があれば勤務時間の短縮は可能ですよ★
ママさんナースには絶対におススメな働き方ですよ(^_-)
検診の仕事と言っても、検診センターの仕事と、学校検診などの巡回の仕事は全く違いますね。
検診センターは単発での仕事や、派遣の募集はないと思います。
基本はパートか常勤ですね。
検診の仕事はたくさんの種類の検査がありますが、検診センターでの検査は、がん検診や特定医療検診など難しい項目の検査が多いので、看護師は検査のて順位や手技を覚えるのが大変です。
1人1人の患者さんで検査の項目が違いますし、予約制とは言っても1日の患者数はかなり多いので、残業もありますね。
病棟とは違って、細かい仕事や雑務も看護師の仕事となることが多いので、医療行為+雑務という感じですね。
病棟のように急変や緊急入院での残業はありませんが、雑務が終わらずに残業ということはありますね。
学校検診は、検診センターとは全く違い、学校や老人ホーム・官公庁などの検診のお手伝いをする仕事です。
検査も簡易なものですし、検査項目もほぼほぼ決まったことを毎日繰り返すので、仕事もすぐに覚えられますよ☆
(34歳 健診派遣 高知県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

訪問入浴の単発派遣!好きな時だけ臨時で働けるって助かる~☆しかも給料即日払い!

pixta_9289481_S.jpg私は常勤で施設看護師をしています。
私の働くデイサービスは、日勤だけの仕事で、残業もほとんどなく、毎日ゆったりと仕事が出来ています。
病院のように急変やステルベンがあり、毎日気が抜けないピリピリした毎日に比べ、穏やかな毎日ですね。
夜勤を月に5~6回やっていた頃は、生活リズムも不規則でなかなか体調がすぐれませんでした。
しかし、最近は日勤だけの仕事になって体調もだいぶ良くなったなぁったんですよね。
職場のスタッフも介護士がほとんどで、看護師は私を含めて2人しかいないので、看護師特有の人間関係もありませんね。
だから、病院で働いていた頃に比べると、かなり楽に働いているんですよね。
しかし仕事が楽な分、給料がかなり安いんです。
介護施設ベースの給料ですから、基本給も少なければ、賞与も少ないし、年収はかなり減りました。
最初の頃は、それでも楽に働けるしいいかなぁって思っていました。
しかし、毎月大きな出費がある時は貯金を崩していたので、貯金が底をついてきたんですよね。
これはいかん!と思い看護師派遣を始めることにしたんです。
看護師求人サイトに登録すると、看護師派遣も多数ありますね。
私は、常勤の仕事と掛け持ちできる単発派遣を探しました。
単発って自分の都合の良い時だけ働くことが可能なんですよね。
だから、常勤の仕事とのダブルワークも難しくはありません。
月に1回でもいいから、仕事が増えたことによって拘束感とかは全く感じませんね。
何より嬉しいのは、給料即日払いが可能なんです。
給料即日払いだと、お金が欲しい時だけのバイトで気持ちも楽ですよね。
私は、訪問入浴の単発を選びました。
訪問入浴の単発派遣は、時給も良いし、突然の仕事でも単調な仕事だから働きやすいんです。
体力は使うけど、1日頑張れば翌日給料がもらえるし、とっても助かってますよ*\(^o^)/*

訪問入浴は、人気の看護師派遣の1つ

pixta_13840419_S.jpg
訪問入浴の派遣求人は多いですね。
訪問入浴の看護師はほとんどが、派遣かパートです。
事業所には常勤の看護師が1名位はいますが、派遣やパートが交代で勤務している事が多いですね。
訪問入浴の仕事は、常勤だと正直大変です。
常勤になると、日誌や介護や看護計画の立案や修正、各家庭との連絡やクレーム受け、他の訪問看護ステーションとの連携など山の様に仕事があります。
訪問が終わった後も、仕事が残っている事がほとんどなので、残業も多いですね。
365日営業している事業所も多いですが、常勤の看護師だと、土日や祝日の仕事になる事もありますね。
看護師派遣やバイトの場合は、時間通りに帰れる事が多いですね。
訪問入浴は1件60分位で訪問する事が多く、次のお宅に行く時間も決まっているので、延長する事はなく、時間通りに終わります。
何かトラブルがあれば別ですが、割と時間通りに仕事が進むと思います。
訪問入浴はハードな仕事ですが、時給は高い所が多いですね。
時給1500~2500円位が相場です。
看護師の役割は、利用者さんの健康管理が主なものです。
バイタルチェックと入浴の可否判定・簡単創傷処置などが主な仕事です。
トランスや桶の組み立て、掃除や着替え、入浴なども全般的に手伝うので、ハードな仕事ですね。
夏はかなり汗だくになります。
でも、看護師派遣やバイトの場合なら、残業もないですし、時給も高いので、働きやすさはあると思います。
訪問入浴は月に1回からOKなど働きやすい条件が多いので、ダブルワークの方も沢山いますよ。

看護師ダブルワークをするなら、ハードだけど高給な求人と、楽だけど給料が安い求人・・・どっちを選ぶ??

pixta_7823344_S.jpg看護師のダブルワークでの働き方って最近増えていますよね。
看護師の給料って高収入だって言われますが、やはり生計を立てていくに、何かと出費があって、給料に満足出来るって難しいのかなって思います(;´Д`A
私も、やはり子供の成長とともに出費が増えて、ダブルワークをしています。
私は、普段常勤で働いていますから、連休の一日をダブルワークに当ててるんですよね。
だから、月に1~2回のダブルワークです。
月に1~2回程度であれば、休日に子供と過ごす時間も作れますし、自分の時間も作れるので、自分的には充実していますね。
ただ、回数が少ない分、肉体的にハードだけど、時給の良い訪問入浴の仕事をしています(^_^)
本当は、体に負担が少ないように、時給は安くても肉体的な負担の少ない仕事をえらぼうかなぁとも考えました。
しかし、週に数回働くのでは、子供も過ごす時間も減りますし、自分の時間も作れません。
子供たちもある程度成長して、育児に体力は使いませんし、たまになら肉体的にハードな仕事でも可能かなって考えたんです。
だから、訪問入浴のように時給の高い仕事で回数を少なくして働いているんです。
それに、訪問入浴の仕事って、わりと元気な患者さんが多く、重症度の高い患者さんと接しているよりも精神的な負担は少ないんですよね。
単発的に働く仕事としても、患者さんの経過などあまり気にしない仕事ですし、働きやすいなって思っています。
一緒に働いているのも、看護師ではなく若い介護士さんなので、わりと楽しく働いていますよ(^_-)
自分の年齢的にも、こういったハードな仕事は、今のうちかなぁ…なんて思っていますがね。
子供が小さくて、家での育児も忙しいようなママさんナースなら、時給は安くても肉体的、精神的に楽な仕事を選んだ方が無理がないかもしれませんね(^_^)

訪問入浴はシフトの自由が利くから働きやすいよ★看護師派遣の口コミ

pixta_6653242_S.jpg
訪問入浴はスポット派遣も多し、週1回とか月1回とか、都合がつく時だけ仕事が入れられるから、本当に働きやすいですよ!
私は平日は訪問看護を手伝ってるから、土日に訪問入浴の仕事を入れる事が多いよ。
訪問入浴って、だいたい1軒のお宅の訪問が1時間くらいで、移動も入れると1時間15分とかそれくらい。
だから、1日2時間かOKとか、午前中のみとか午後のみとか変則的な働き方でも全然OK!
今の事業所はかなり融通が利くから、1軒だけ訪問で時給2500円とか、看護師は重宝されますよ!(^^)!
仕事は、かなりハードかな・・・。
夏は蒸し風呂に入っている感じで、半日も働けば汗だくでクタクタになりますよ・・・。
訪問入浴はナース1名と介護士2人のグループで行動する事が多いから、介護士のキャラクターとかも重要!!
たまに、ベテラン介護士で看護師にはめちゃくちゃ冷たい人とかいるからね・・・。
介護系の職場は、看護師よりも介護士の方が態度がデカい事が多いから、事業所によって当たりハズレはあるかもね・・・(>_<)
(32歳 民間病院パート+単発派遣 愛知県)

時給2000円以上の派遣って何がある(#^.^#)??看護師派遣の口コミ

pixta_6997378_S.jpg
派遣って全体的に時給が高いから、最低でも1500円以上はあります!
でも、派遣で1500円って聞くと、正直「安い(;一_一)!」って思っちゃう。
私は2000円以上の求人を狙ってます!
介護系って、例えばデイサービスとか平日だと1800円位が多いけど、土日だと2000円位になるし、曜日もポイント。
訪問看護のバイトは、事業所にもよるけど、週1回とか月1回からOKな所もあるし、私が今行っている事業所は週1回の4時間勤務で、時給は2500円!
訪問入浴も時給高いかな!
訪問入浴は、平日だと1500円~1800円位が多いけど、土日祝日は2000円~2500円位までアップします。
派遣も工夫すれば、常勤以上に稼げちゃうよ!(^^)!
常勤のメリットは、基本給があるから給料が保証される、身分が安定する、ボーナスや退職金がある・・・と言うことですかね。
派遣は、長く派遣を続けるのは難しいし、基本給がないから身分が安定しない・・・そこがデメリットですかね。
でも、常勤のように職場の縛られないし、シフトも休みも自由なので、精神的な負担が少ないです。
派遣ナースは、もともとは病棟でバリバリ働いていたけど、激務で体を壊したり、子供がまだ小さくて常勤勤務は無理だったり、人間関係で苦労した経験があったり・・・色々な方がいます。
私も一般病棟で働いたときは、常に疲れていたし、精神的にも常にストレスで一杯で、いつも辞めたい!と思っていました。
派遣の仕事を始めてからは、精神的なストレスがものすごく減りましたね。
常勤の場合だと、同僚や同期との人間関係に悩んでも、それを取り除くには自分が退職するか、相手が異動になるしかありませんよね。
でも派遣の場合は、長くても半年くらいの勤務だから、人間関係で辛くなると言うことがありません。
女性の職場は少なからず人間関係のトラブルがありますが、派遣の仕事ならかなり精神的に楽になりますよ☆
(30歳 私立病院常勤+単発派遣 埼玉県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ディズニーランドの救護室の派遣。イベントナースで時給1500円。

pixta_2112064_S.jpg
看護師の職場って、仕事がハードで固いイメージの多い職場ばかりですよね。
以前働いていた病棟も、人間関係は悪いし、残業ばかりだし、ストレスや疲労で体調を崩してばかりでした(;´Д`A
体調を崩せば、自己管理が悪いと怒られますし、気分転換やストレス発散をしに出かけたりするほど、心にも時間にも余裕がありませんでした。
何のために働いているのかわからない…って思って退職し、始めたのがディズニーランドの救護室のバイトなんです(*^o^*)
ディズニーランドか大好きだったので思わず応募してしまいました。
9時15分から23時までのあいだの7時間半ほどのお仕事です。
週に5日ほどのバイトですが、いずれ契約社員や正社員にしてもらうことも可能なんですって(^_^)
ディズニーランドには、毎日沢山のお客さんがきていますよね。
開園から閉園まで遊びきるお客さんも沢山いますから、夏場など熱中症になったり、急に熱を出したり、嘔吐する子供もいます。
アトラクションで乗り物酔いをしたりして具合が悪くなる人もいるため、救護室が何箇所か準備されているんです(´・Д・)」
救護室には、ベットもいくつかあって、具合の悪くなった人が休めるようになっているんです。
立ちくらみや、ちょっとした体調不良であれば、ベットで休んでもらいますが、あまりにも具合の悪そうな時は、救急搬送することもあります。
その時は、看護師が付き添いで救急車に同乗することもありますよ。
また、救護室まで来れないほど、急に倒れたり動けなくなった場合もありますから、そんな時は看護師が現場に駆けつけ応急処置をします。
救護室では、転んだ子供に絆創膏を貼ってあげたり、医療行為ってほとんどないのですが、楽しく働いています(*^o^*)
カルテ整理や、薬品、物品の在庫管理などの仕事や事務的な仕事もあったりしますが、どれも難しい仕事はありません。
帰りには、パレードなど少しみて帰ることも出来ますし、夢のあるディズニーランドでの仕事はとても楽しいですね。
病院で働くより自分には向いてるかも…(*´艸`*)

東北から関西への修学旅行に同行☆ツアーやイベントナースの派遣求人

pixta_9737155_S.jpg
私は派遣やバイトを掛け持ちしていて、春~夏はイベントやツアーの仕事を多く入れています。
春~夏は修学旅行やイベントの求人が沢山あります。
私は常勤の仕事はしていないので、シフトを調整して色々な仕事をしています。
単発バイトの魅力は、毎回沢山の仕事先に行って、沢山の経験を摘んだり、沢山の方に出会える事です。
1つの職場だと、いつも同じメンバーで同じ仕事を繰り返しますよね・・・。
私は職場の人間関係に悩んで退職をしたので、今のように人間関係に悩まなくて良い働き方は私にピッタリです。
先日は青森の高校の関西への修学旅行に同行しました。
1学年400人ほどの私立高校です。
新幹線で関西方面へ3泊4日の旅行でした。
当日は6時30分に青森駅に集合・・・。
ツアーの場合は朝の集合時間がとても早いので、家が遠い場合は前泊がOKのケースもあります。
今回の求人は前泊がOKでした。
前泊の際には、交通費に+して宿泊費の補助もあります。
宿泊費の補助には上限があるので、あまり高給なホテルには泊まれません。
当日は新幹線で生徒と一緒に旅行に出かけます。
ツアーナースの場合は近県からの応募も受け付けてくれる事が多いです。
朝の集合時間の問題をクリアすれば、近県のツアーの仕事にも参加出来ますよ。
東北の高校や関西方面への修学旅行に行く高校が多いですね。
私も高校の修学旅行は京都・奈良・大阪に行ったので、懐かしくて嬉しい気持ちになりました。
ツアーナースやイベントナースの仕事は、楽しい仕事と言うイメージが強いですよね。
確かにトラブルがなければ楽しですし、良い思い出になります。
旅行の添乗には、生徒の健康管理が最大の目的です。
高校生とは言ってもまだ子供なので、慣れない環境では体調を崩しがちです。
精神的に不安定になる子供もいます。
何かトラブルがあった時の対処法など、事前の打ち合わせの際にしっかりと聞いておきましょう!
沢山の子供の命を預かっていると言う自覚がなければならない仕事だと思います☆

イベントナース☆看護師単発派遣求人

pixta_12523760_S.jpg
イベントナースやツアーナースなど単発派遣求人をしています。
以前は病棟勤務でしたが、ここ最近は単発バイトをしています。
イベントやツアーの仕事は1年を通して募集がありますが、やはり季節によって求人が極端に少なくなります。
春~夏にかけては修学旅行や遠足、移動教室などが毎週のようにありますからね。
イベントの場合は全国各地で、何かしらのイベントがあり、イベントナースや待機ナースを募集しています。
単発派遣の仕事だけでも、うまくシフトを組み合わせれば常勤以上に稼げますよ。
単発バイトの場合は急募だったり、シフト完全自由の求人が多いので、ツアーやイベントなど日程が決まっているものを先にシフトに入れて、残った日にちにシフト自由のバイトを入れて行きます。
休みや連休も自分の思うように入れられるので、自分だけのオリジナルのシフトが出来ますよ!
私は5~7月の修学旅行が多い時期は優先してツアーの仕事を入れます。
同じ地域の場合は、少しずつ時期をずらしてツアーに行く学校が多いので、毎週のようにツアーの仕事を入れられますよ。
ツアーの仕事がない週は、単発バイトを入れます。
主には時給2000円以上の単発バイトを入れています。
直行直帰で働きやすい仕事なら、訪問診療の単発バイトはおススメです。
訪問診療は訪問看護を受けている方のお宅を月に1回、定期訪問します。
訪問医と一緒に各家庭を回ります。
訪問医は院外の非常勤のドクターが多いです。
そのため、患者さんの情報が少ないケースが多く、患者さんの経過や現在の状態などを看護師が説明する事が多いです。
訪問の際には、1軒を10分程度で回ります。
特に変わりのない患者さんの場合は、訪問するだけで特に処置などは行いません。
予防接種(肺炎予防やインフルエンザ予防など)の希望がある場合は、訪問医の診察の際に行っています。
訪問診療は特に医療行為が必要なケースはなく、難しい業務はありません。
訪問診療の車で移動するので、最寄駅などで待ち合わせをして行く事が可能です。
直行直帰の仕事は本当に楽です!
通勤時間の短縮になるし、残業もありませんよ☆

車の試乗会でイベント待機ナース☆看護師派遣求人

pixta_7307578_S.jpg
イベントナースは、本当にユニークな求人が沢山あります。
小中高の遠足に同行したり、スポーツ大会、お祭り、博覧会、パレード、花博・・・沢山のイベントがあります。
私は先日、車の試乗会のイベントナースをしましたよ。
車の試乗会で待機ナース??って最初はどんな仕事をするのか分かりませんでした。
どうして車に乗るだけなのに、救護室に待機するのかな?と疑問でした。
車の試乗会は、ディーラーに行って乗り心地を体験する試乗とは全く違います!
色々な試乗会がありますが、プロのドライバーの方に運転してもらい、助手席で体験型の試乗会と言うものがあります。
例えばエンジンブレーキ体験の試乗会!
これは、大きなドライビングコースでプロのドライバーがスピードを出して急ブレーキをかけて、ブレーキの感覚や、走行の感覚を実際に体験してもらうと言うものです。
ヘルメットを被って乗車しますが、普段は急ブレーキを使う機会はあまりありませんよね。
急ブレーキでムチ打ちになる方もいますからね。
試乗会にはタイプが色々とあって、スポーツカー・セダン・オフロードなどがあります。
オフロードの試乗会の場合は、実際にオフロード車に乗り、40度の傾斜の坂道走行、アップダウンの激しい道。池の中など、様々な道を実際に同上して体験してもらいます。
イベント待機ナースは、診察の方が来なければ待機室でずっと座っていられます。
大きなイベントでは看護師2~3人体制の事が多く、イベントナースをきっかけに仲良くなる看護師がいると思います。
今回のような車の試乗会は、広大な敷地がないで出来ないので、北海道内の大きなグランドを使って行われましたよ!

国際水泳大会でイベント待機ナース☆看護師派遣求人

pixta_10141510_S.jpg
千葉県内の国際水泳大会のイベント待機ナースをしました。
イベントナースは1日限定の仕事が多いです。
大きなイベントの場合は、1~4日間くらいの日程のものもあり、1日だけの勤務も可能な求人が多いです。
私は現在は常勤勤務をしていないので、自由が利くので、イベントやツアーの仕事を入れています。
イベントやツアーの仕事は、病棟や外来などでは経験できないよう事が多いので、刺激があります!
国際水泳大会のような大きなイベントでは、看護師は数名が待機する事が多いです。
先日は選手が300名ほどの大会で、待機看護師は3人でした。
大きなスポーツ大会のような場所では、チームドクターが同行している事がほとんどなので、救護室に選手が来ることは稀です。
選手の家族や観客が救護室に来ることになります。
水泳の会場は冬でも常夏の場所が多いですよね?
スポーツイベントは夏が多いので、夏のプールはムシムシして、体調不良になりやすい環境です。
国際大会となると長時間になるので、観客の中には体調が悪くなって診察に来る方もいます。
イベント待機ナースは、特に診察がなければ待機室で待機しているだけです。
その間は自由に過ごせます。
イベントナース以外にも、大会の関係者やボランティアの方など、周りは賑やかですね。
看護師が何人かいるイベントでは、仲良くなれる看護師もいると思います。
スポーツ大会のイベントは今までも、水泳・マラソン・卓球・サッカーなど沢山のイベントに参加してきましたが、看護師の募集条件が現場経験3年以上となっていました。
怪我の処置や体調不良時の対応など、やはり経験があった方が良いと思います。
救護室には一通りの診療や処置のセットと、包交車、点滴セット、酸素などがあります。
ナースパワーの場合は事前に説明会があるので、イベントナースが初めてで不安がある方は、処置の内容や業務の内容を確認すると安心ですよ(^_-)

サッカーの国際試合での仕事☆救護所で看護師派遣

pixta_7236002_S.jpg
イベントナースにはたくさんの職場があります。
スポーツの大会、コンサート、展覧会、お祭りなどです。
どの仕事も人がたくさん集まる場所での仕事になるので、救護の対象者が幅広いです。
スポーツ大会の場合は、選手の救護という事はありません。
選手は、トレーナーやスポーツドクターが同行してますし、チームの中で簡単な医療処置ができるので、看護師がいく事はありません。
スポーツ大会の救護室の対象は観客です。
マラソン、野球、サッカーなど長時間かかる試合では、救護室に来る方も多くなります。
真夏の試合などは、熱中症の症状で来られる方が必ずいます。
私は真夏のサッカーの大会で、救護室ナースをしました。
救護室には看護師2人がいて、それ以外にも大会の関係者など数名がいました。
夏の暑い時でしたし、救護室は外の特設会場にあったので、暑くて暑くて・・・。
救護室に来る方がいない間は特に仕事もなく、座って過ごしています。
この時も数名の熱中症だと思われる方が来ました。
その中には小学生の子供もいて、急な高熱でぐったりしていました。
すぐに近医の受診の手配をしましたが、受診の準備ができるまでは、クーリングをしたり、水分補給をしたり、日陰で休ませたり。
熱中症の時は、吐き気ができる方が多く、たまにバケツが間に合わなくて吐物が散乱なんてこともあります。
もちろん片付けは看護師の仕事です。
バケツやビニールの用意は当然ありますが、やはり汚れてしまうこともありますからね。
冬でも体調不良で来る方が数名はいますね。
鎮痛剤や胃薬などの常備薬もあるので、ちょっと立ち寄る方もいます。
イベントナースの仕事は、医療行為がほぼないので、ブランクが長かったり、経験の浅いナースでも全く問題はありません。
ダブルワークの方が多いですね。
毎回、色々なところに派遣されますし、その度に新しい出会いがあるのも楽しいですよ!
1回限りで終わる単発の仕事は、精神的なストレスがないのが魅力です!
やっぱり人間関係の仕事って多かれ少なかれ疲れることが多いと思いますが、イベントナースの仕事は、楽しさもありますし、1回限りの仕事と割り切れるので、大変だと思ったことはありませんよ☆

イベントナースで国際展覧会の仕事☆看護師派遣求人

pixta_6149285_S.jpg
イベントナースの仕事を何度かやっています。
1回限りの仕事が多いので、たくさんの仕事を経験できるのが楽しいですね。
先日は国際展覧会の仕事がありました。
国際展覧会は、都内の会場で美術や芸術の国際的な展覧会があり、看護師は会場の救護所に派遣されます。
規模の大きな展覧会などには救護室が設けられ、派遣看護師の募集があります。
今回は国際展覧会ということで、募集条件に「日常会話程度の英語が話せること」とありました。
私は英会話教室に通っているので多少の英会話はできますが、難しい事は話せませんし、聞かれても答えられないレベルです・・・。
事前に仕事の説明があったのですが、特に英会話のスキルチェックをすることもなく・・・。
本当に自己申告なんだ・・・とちょっと拍子抜けしました。
最近はホテルや病院にも英会話のできるスタッフが配置されていることが多いですよね。
医療用語などの専門用語は難しくて日常会話の中には出てきませんよね・・・。
イベント会場での看護師の仕事は、患者さんがいなければ座っていられます。
ある程度の人数があるまる展覧会やイベントでは、救護室もそれなりに忙しいかったります。
ただ救護室は医療機関でhありまんから、異本的には医療行為は行いません。
容態が悪い方は近医を受診していただきます。
国際展覧会の仕事も募集条件が英会話ができる事でしたが、特に英会話が必要な場面はありませんでした。
イベントナースの仕事は1年中募集があります。
本当にたくさんの職場で募集があって、ユニークな求人が多いので飽きません!
私は飽きっぽい性格ですし、新しい環境が大好きですし、人見知りもしないので、単発での仕事を楽しんでいます。
イベントナースの仕事は、医療行為はしませんから、病棟などの仕事と違って緊張感はありません。
普段は本業があると言う方は、副業までも緊張感のある職場だと疲れてしまうので、息抜きにイベントナースを入れるのもおすすめですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小笠原諸島父島で離島応援ナース☆看護師派遣求人

pixta_12655425_S.jpg

離島応援ナースは、まだまだ認知度は低い働き方です。
離島は、小笠原諸島、沖縄など、看護師不足の地域に期間限定(短期間のみ)で派遣される仕事です。
派遣先は一般病院がメインです。
全国から看護師が参加しています。
離島応援ナースは、独身ナースがほとんどです。
離島応援ナースを希望する理由は給料が高いからです。
派遣という事もあり、離島応援ナースの月収は45~50万ほどです。
半年のみなどの短期間募集が多いので、旅行気分で参加される方もいます。
離島は観光地になっている所が多く、沖縄や小笠原諸島はダイビングや海が好きな看護師に人気のスポットです。
応援ナースは期間限定ですが、派遣終了後もその場所に残る方もいます。
派遣期間が終了する前に、離島の病院で正社員となるケースも多く見られます。
離島は人口が少ないため、のどかで病院はそれほど忙しい環境ではありません。
患者さんも穏やかな方が多く、都会の喧騒を忘れて、穏やかな気持ちで仕事が出来ます。
残業もほぼないため、楽しんで離島応援ナースをしている方が多いですよ☆
離島応援に来るナースは、ダイビングやシュノーケルなどマリンスポーツが好きな方が多いですね。
私もダイビングが大好きでオープンウォーターの資格を取りました。
将来は離島で看護師をしながら、週末はダイビングをする生活に憧れて離島応援ナースから始めてみることにしました。
離島での生活は、思っていたよりも大変な面はあります。
都会に慣れていると、色々なことが不便に感じます。
ネットやスマホが繋がりにくかったり、コンビニやスーパーに行くのに車で何十分と走ったり・・・。
ちょっとコンビニに行くのが小旅行になってしまったり・・・。
最初はホームシックになりましたよ。
でも、のどかな離島で生活している方は穏やかで、優しくて、皆さんとても仲良く暮らしているんですよ。
顔を見れば立ち話、「調子どう〜?」なんて楽しく世間話!
都会では冷たい隣人関係が増えていて、このようなコミュニケーションを見て、やっぱり離島は良いな〜!と思い直しました。
最初はホームシックになりましたが、やっぱり離島の独特の時間の流れ方や、離島の方達の人柄が大好きで、応援ナースが終了してからも離島に留まる事にしました☆

長崎県五島列島で離島応援ナース☆看護師短期派遣求人

pixta_6653242_S.jpg
看護師求人サイトからの紹介で長崎の五島列島に派遣ナースとして1年間勤務していました。
離島応援ナースは全国から沢山のナースが集まります。
独身の20~30代のナースが中心です。
離島応援ナースは、短期間で効率よく稼ぎたい方には最適な働き方です。
離島だと僻地手当が出ますし、期間限定の派遣で給与が高いからです。
2交代で月に4~6回の夜勤ありの勤務で、月収は40万以上は可能です。
私は五島市の総合病院の病棟勤務で夜勤ありのシフトをしていました。
離島とはいっても五島列島では唯一の総合病院で、ベッド数は304床、一般病棟に加えて、精神科・結核・感染症病棟がありました。
離島は僻地なので、医療が過疎化していて、医療スタッフも短期間の勤務を終えて帰られる方が多いので、入れ替わりが多いです。
医療スタッフは離島応援でやってきた若い方が多いですね。
僻地医療を勉強するために遠方から来られる方もいます。
本土の病院と大きく違うのは、より専門性の高い病院を受診した方が良いと判断された場合は、本土の総合病院まで行かなければなりません。
全く知らない遠方の土地まで行かなければ治療が出来ないケースも多く、住み慣れた場所を離れて、家族や友人や職場とも離れて治療をしなければなりません。
僻地では医療の限界があるのが現実です。
島民も高齢化して、ますます今後は人口の流出が続くと思います。
都心部の病院に慣れている私にとっては、離島の病院は少し怖く感じました。
私たちにとっては身近な医療が、遠い場所にある・・・。
ちょっと都心部とのギャップに戸惑いますね。
離島応援ナースは、刺激のある生活を望む方、マリンスポーツが好きな方、アクティブな方、独身のうちに何かやり遂げたい方、短期間で効率よく稼ぎたい方などに向いていると思います。
ただ離島は、本土の感覚で行くとギャップが大きくて、合わない方もいると思います。
まずは半年の限定で派遣に行ってみて、離島の生活が馴染めば1年に延長すると言う方法が良いと思います(^_-)

離島応援ナースを選んだ理由☆看護師短期派遣求人

pixta_6149285_S.jpg
私は離島応援ナースで、伊豆大島で常勤ナースをしています。
伊豆大島には有床病院は1つしかありません。
都内出身の私は、ちょっと風邪を引けば近くのクリニックを受診して、夜間も体調が悪くなれば救急医療センターを利用出来るのが当たり前だと思っていました。
離島では、医療が過疎化していて医療スタッフもなかなか確保出来ません。
自然が多く残り、島民の方も暖かく、ストレスとは無縁の生活なのですが、医療の不安はつきまといますね。
何かあってもすぐに専門医に診てもらう事が出来ないのは、年輩の方にとっては特に不安が強くなると思います。
離島応援ナースは全国から沢山の看護師がやってきます。
応援ナースを始めた理由は人それぞれですが、みなさんきちんと目的意識を持っています。
私は都心の生活にちょっと疲れて、癒しを求めて離島応援ナースを選びました。
絶対にこうしたい!という様な希望もなく、何となく応援ナースを始めたワケです。
生活は、家具家電月のマンションを貸して頂けるので、何も持たずにやってきても問題ありません。
引っ越しや赴任に掛かる費用は病院が負担してくれますし、マンションも完備しています。
病院の面接はなく、ナースパワーの推薦と履歴書があれば大丈夫です。
ナースパワーは応援ナースの実績があるので、派遣先の病院でも受け入れがスムーズでした。
私が派遣された病院には応援ナースの方がすでに派遣されていました。
九州の方で、年代も近くすぐに仲良くなれました。
離島では、若い人が入ってくるととても歓迎されます。
皆さんが話しかけてきてくれて、昔から知っていたかのように接してくれます。
人が暖かくて癒されます。
疲れていても海や街の景色に嫌されて疲れも吹き飛びます。
病院業務はとくに大変な事はありません。
ただ全く知らない土地で働くのでホームシックになったり、自然の不便な生活に慣れない方はいるかもしれませんね。
私は応援ナースに半年の期間限定の予定でしたが、とても居心地が良いので、1年に期間を延ばして貰いましたよ☆

ナースの海外留学を応援☆ナースパワーの離島応援ナース 看護師短期派遣

pixta_11145309_S.jpg
私は看護大学の夏休みにイギリスに短期間留学しました。
もともと海外に興味があっていつか行ってみたいと思っていました。
看護師と保健師の資格を取って、附属病院にそのまま就職が決まっていましたが、どうしても留学したくて就職の内定を取りやめてイギリスに期間限定で留学しました。
語学留学が目的ですが、イギリスのアロマを使ったケアに興味がありました。
また海外のホスピス制度や、在宅での看護に興味がありました。
イギリスでは看護師の信頼度が日本に比べてとても高いです。
とても尊敬される仕事で、日本に比べると専門職との認識が強いです。
アロマは医療の一環として国で認められており、病院内でもアロマを使った医療が盛んに行われて、日本よりもアロマが国民に浸透しています。
アロマを使った呼吸器ケア、アロマを使った浮腫改善のマッサージ、アロマを使った精神的なケアなどです。
海外では日本の看護師免許は通用しませんから、イギリスで看護師免許を取らなければ看護師として働くことが出来ません。
そのためには語学はもちろんですが、看護学校に行かなければなりません・・・・でも学費が高いうえに生活費も相当な額です。
語学留学が終ったら短期的に日本で働いてお金を貯めてまたイギリスへ・・・と思いましたが、まだ看護師として経験のない私を短期で雇ってくれる病院もないし・・・・。
そんな時にナースパワー人材センターの「海外留学応援ナース制度」を知りました。
海外留学を終えた夏から、翌年の夏までの1年間だけ期間限定で働ける職場を探して貰いました。
たった1年、しかも夏~夏と言う中途半端な時期で働ける職場なんてあるのか・・・と思いましたが、ナースパワーの紹介で沖縄応援ナースに応募しました。
応援ナースは一般的な常勤よりも給料が高く、期間も最低6か月と言う決まりはありますが、年度途中の採用でもOKでした。
早速、沖縄応援ナースで那覇市内の総合病院に1年間の限定で常勤ナースをする事になりました。
夜勤を出来る限り増やしてもらい月給は40~45万円位です。
沖縄は物価も安いし生活費も掛からないので、1年でかなり貯金も出来ました。
夏からはイギリスに戻って看護師の資格を取る予定です。

離島応援ナースって何??看護師短期派遣求人

pixta_6149285_S.jpg
離島応援ナースと言う働き方を知っていますか?
これは短期限定の派遣ナースの働き方で、「離島」以外にも「首都圏応援」や「被災地応援」や「災害時派遣」などがあります。
私は都内の出身で大学卒業までずっと都内で生活をしていました。
たまの休みに田舎の観光地に遊びにいくと、自然が沢山残っていて、人が優しくて景色が綺麗、食事もおいしい・・・すっかりと癒されました。
都心から近場で楽しめると言えば、伊豆や熱海などでしょうか。
私はドライブが好きで、よく伊豆方面に遊びに行っていました。
夏はスキューバダイビングをしたり。
しだいに独身のうちに離島に住んでみたいと思う様になりました。
離島応援ナースは最短で6か月以上、最長で2年間の派遣期間としています。
私は離島応援ナースが自分に合わなかったら半年のみで帰ろうと決めていました。
初めて離島応援ナースで現地に行った時はカルチャーショックが大きかったですね。
病院が医療者中心ではなく、患者さん中心になっている事に驚きました。
総合病院などでは患者さん中心の医療を行うのは難しい時がありますよね。
沢山の患者さんを抱えると言う事は、患者さん1人1人のペースに合わせていたら業務がスムーズに進まない事を意味します。
離島では時間がすごくゆっくり流れている気がして、患者さんも医療者も和気藹々として、とても良い雰囲気があるんです。
離島では医療設備が整っていない医療機関が多いです。
ちょっと内服処方のために船に乗って本土に渡っている方もいますね。
緊急時の対応が難しい病院が多く、出産は離島では出来なくて陣痛のさ中、船で本土の病院まで行くことになったり。
医療設備が整っていないから、医療者は苦労します。
緊急の場合は本土に空いている病院があるか照会しなければなりません。
離島での生活は不便なのです。
でも、とても穏やかな離島の方とたくあんの知り合いが出来て参加して良かったと思っています。

奄美諸島で離島応援ナース☆看護師短期バイト

pixta_9737155_S.jpg
私は奄美諸島で離島応援ナースとして働いていました。
奄美諸島は、屋久島・喜界島・徳之島・与論島・ 沖永良部島があり、どの島も観光スポットとなっており、絶景や海の幸、マリンスポーツなどを楽しむことが出来ます。
最近では屋久島が世界遺産になったこともあり、観光客が一気に増えました。
離島は、医療機関が充実しておらず、医療水準が低かったり、医療スタッフが不足しているという深刻な問題があります。
屋久島には徳洲会病院があり、24時間の診療を行っています。
島民はもちろん観光客の健康管理まで行っています。
屋久島徳洲会病院は、内科、外科、産婦人科、形成外科、整形外科、耳鼻咽喉科、小児科、眼科、脳神経外科、歯科口腔外科リハビリテーション科の診療科を持つ総合病院です。
離島応援ナースは3〜6ヶ月の期間限定での募集が多いです。
私は半年間の期間限定で屋久島に行きました。
ナースパワーの紹介で屋久島に派遣されたのですが、離島応援ナースの方がすでに数名いて、職場の方の受け入れが良かったので、すぐに職場に馴染むことができました。
ナースパワーでは長年、離島応援ナースを派遣していて、奄美諸島だけでなく、たくさんの離島に看護師を派遣しています。
そのため、離島応援ナースで派遣された先にはすでに派遣ナースが数名いる状態です。
病院側も離島応援ナースの制度についてよく理解してくれているので、スムーズに仕事に入れますし、サポートしてくれる方もしっかりとつけてくれます。
私も離島応援ナースの方とすぐに仲良くなり、今でもプライベートでの親友です☆
離島を希望したきっかけは、都会での生活に疲れた、気持ちをリフレッシュさせたい、マリンスポーツが好き、ダイビングをしながら働きたいなど様々ですね。
私は都会の生活にちょっと疲れてしまって、気持ちをリフレッシュさせたい!という気持ちが大きかったですね。
私の他にも都内から応援ナースに来ていた方が2人いたので、ホームシックになることもなかったし、プライベートでも仲良くできる良い友人ができて、応援ナースに行って良かったな〜と思っています。
応援ナースは、赴任や引越しにかかる費用も負担してもらえますし、給料が高いのが魅力ですよね。
短期間で稼げる!という理由で離島に来られる方もいますね。
離島の穏やかな雰囲気で癒された!という方は多いですし、私もその1人です。
離島応援ナースは、おすすめですよ☆

離島応援ナースって何?どうして給料が高いの?

pixta_6653242_S.jpg
離島応援ナース・・・あまり聞きなれないという方が多いと思います。
離島応援ナースは、看護師求人サイト「ナースパワー」でたくさんの求人を見ますが、それ以外では求人をみる機会は少ないと思います。
ちょっとレアな求人ですね。
私が離島応援ナースに応募するきっかけとなったのは、東京での看護師生活に嫌気が刺したからというのもあります。
独身のうちに色々と体験したい!と思っていましたが、都内の総合病院勤めでは、残業ばかりでプライベートな時間なんてありませんし、休みの日は疲れて寝てばかり・・・。
常に体は疲れて、精神的にも限界で、いつもイライラしていたし、「看護師辞めたい!」と常に思っていました。
そんな状態だったので患者さんにも優しくない自分がいて、忙しい時に鳴り止まないナースコールや、手が離せない時の急変や緊急入院など、すべてが嫌になってしまいました。
3月で退職しよう!と決めて、半年だけのつもりで離島応援ナースに募集しました。
期間は半年からというもので、半年後は辞めても良いし、そのまま継続して社員になる方もいます。
離島って本土に比べると、医療が本当に整っていませんし、医療者も少なくて最初はびっくりしました。
町の診療所はありますが、総合病院や救急センターがないので、緊急度の高い患者さんは本土までドクターヘリで移送します。
離島での仕事は、場所にもよりますが、診療所のような職場での仕事が多いと思います。
少し人口が多い離島では、総合病院がありますし、沖縄などの大きな場所では本土と変わりありません。
離島では妊娠・出産も命がけだな・・・と思います。
産婦人科や周産期医療がない病院では、出産は本土の病院に転院になります。
妊娠時の異常は本土に受診に行くケースが多いので、危険度も高いです。
離島では若い方の人口流出が止まらないのも仕方がないのかな・・・と思います。
離島には高齢者ばかりとなっている島が多くて、平均年齢が80代くらいでしょうか。
島に1つしかない診療所は、高齢者の方の憩いの場となっていたりします。
私は離島応援ナースをしたことで気持ちをリセットすることができたので、経験してみて良かったと思っていますし、とても良い経験になりましたよ!
離島応援ナースは給料も高いですよね!
私も月収は40万くらいありました。
離島では生活費も少ないし、娯楽も少ないので、貯金もたくさん出来ましたよ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夜勤専従にはパートと常勤がありますよ!看護師派遣・バイトの口コミ

e270162e95d6a8553b27559bba868ca8.jpg
夜勤専従にはパートと常勤がありますね。
それ以外にも夜勤バイトや夜勤単発派遣などの働き方もあります。
派遣の場合は単発派遣が多く、派遣先は毎回変わる事が多いと思います。
夜勤専従常勤は月の半分くらいが夜勤の生活になるから、もちろん給料は高いけど、夜勤がずっと続くと体力的にはちょっと辛いかも・・・。
夜勤専従常勤の場合は、月に8回以上の夜勤が必要になります。
週に2回以上が夜勤です。
夜勤が好き!とにかく稼ぎたい!と言う方にはピッタリですね。
私は、マイペースに働きたいけど給料は欲しい!と思い、夜勤専従パートを選びました。
パートなので、夜勤回数は自由に選べます。
私は月に4回ほど、週末に夜勤の仕事を入れています。
派遣だと派遣先を毎回探さなければならないけど、パートならその手間がないので楽ですね。
今の職場は一般病院の消化器外科です。
夜勤は比較的に落ち着いている事が多いので、2時間の仮眠はしっかりと取れますし、プラス1時間の休憩も取れますよ。
1勤務3万5千円です。
夜勤専従パートは、夜勤専従常勤のように基本給がありません。
夜勤の回数によって給料が変わるので、給料は夜勤の回数分になります。
私は1回の夜勤が3万5千円なので、月に4回の夜勤で14万円になります。
夜勤専従パート以外にも単発バイトを月に何度か入れているので、月収は25万円くらいになります。
夜勤専従の仕事は、日勤が全くないので、連休がつけやすいです。
例えば、夜勤明けの2連休は当たり前で、週の途中が夜勤で、そのまま4連休や5連休も毎月ありますよ。
シフトが自由なので、ストレスが全くありません。
連休が多いので、1日はゆっくり休んで、次の日は朝から活動することもできるし、気兼ねなく友達と旅行にも行けますね。
ストレスなく働きたい方には夜勤専従パートをお勧めします☆
(33歳 夜勤専従パート 福岡県)

看護師夜勤専従でおススメの職場を教えて!

pixta_9737155_S.jpg
看護師夜勤専従では、沢山の職場で求人募集があります。
一般病院・老人病院・老健・有料老人ホーム・個人病院・民間病院・救急外来・救急医療センターなどがあります。
夜勤専従は常勤とパートと2種類の働き方があります。
夜勤専従常勤は最初から常勤として入職するのは難しいです。
夜勤専従パートとしてしばらく働いてから常勤に変更するパターンが一般的です。
夜勤専従常勤では一般の常勤の方と同じ条件で働く事になります。
公休は月に9日ほどですね。
夜勤専従で月に夜勤10回となると、休みは10日になります。
月に夜勤9回となると、休みは12日になりますね。
こうなると公休だけでは休みが足りません。
足りない分は特別休暇を当てたり、年休を消化したりします。
でも、年休も初年度は少ないですよね?(入職後半年間は10日くらい)
なので、最初から夜勤専従常勤で働くのは難しいのです。
次にどこの職場が夜勤専従におススメなのかについてです。
これは個人の好き好きや、経験のある科なのかどうか?が重要です。
経験のある科の方が職場に馴染むのは早くなりますし、業務も大まかに理解出来ています。
全く経験のない科にいきなり夜勤スタッフで入ると、慣れるまではかなり大変です。
経験のある科と言うのがポイントですね。
一般病院の経験しかないけれど、老人病院などの介護系施設で夜勤専従をする場合は、医療処置で困る事はありませんが、あまりに看護や業務の内容が違って最初は戸惑うと思います。
特に介護系の施設では一般病棟と多いく違うのが急変時の対応ではないかと思います。
一般病棟のナースなら急変時はすぐにドクターコールをして急変時の対応を取ります。
必要と判断したら12誘導を取ったり、処置室に運んで蘇生の体制にして救急カートを準備して、カルテやレントゲンなどを準備してドクターを待ちますよね?
でも介護系の施設では、ちょっと違います。
緊急は緊急なのですが、やはり医療機関ではないので、出来る事が少ないのです。
出来るだけ自然な形で・・・と言うパターンが多く、最初はとても戸惑いました・・・(早く蘇生の準備に入らない自分を責めたりしました)。
介護系の職場と医療現場では、看護師の役割や業務の内容に違いがあると思います。
でも、全く未経験であっても、一般病棟の経験があれば、難しい処置などはありませんよ。

老人病院で夜勤専従看護師☆看護師の夜勤専従求人

pixta_7129357_S.jpg
私は老人病院で夜勤専従常勤をしています。
夜勤専従を希望したのは、やはり給料が高いからですね。
1回の夜勤で3万円です。
私は常勤なので、夜勤手当が夜勤1回で1万5千円ほど支給されます。
夜勤は月に10回~11回です。
週に2~3日は夜勤をしています。
もう夜勤専従を始めて2年目になるので、体は慣れました。
夜勤専従はメリットもデメリットもありますが、やはり一番のメリットは給料が高い事です。
デメリットは、日勤のみのスタッフとほとんど交流がなくちょっと孤立してしまう事ですね・・・。
夜勤が出来るメンバーが少ない職場では夜勤メンバーが固定してきます。
そうなると、日勤のみのパートやバイト、日勤専従のナースとはほぼ接点がありません。
申し送りの時にちょっと話す位です・・・。
夜勤に一緒に入る介護士さんも夜勤が出来るメンバーや、夜勤に多く入るメンバーが固定されてくるので、夜勤の度に同じシフトと言うメンバーがいる事も多いですよ。
老人病院の夜勤は暇な時とハードな時の差が激しいです。
暇な夜勤ではほとんど休憩室で過ごして、ラウンド以外はほとんど座って過ごしています。
暇な夜勤の時は仮眠が3~4時間取れる事もあります。
でも忙しい夜勤の時は、緊急転院の患者さんと急変やステルベンの患者さんが被ってしまう事もあります。
新しく入院された方が徘徊したり、認知症の症状で暴力や危険行動を起こしたり・・・。
新しい環境に入るのは高齢の方にとってリスクが大きいので、たまにトラブルが重なってハードな夜勤になる時もあります。
冬場は肺炎や持病が悪化しての治療が必要になるケースが多く、大量の点滴が処置室に並んでいます・・・。
老人病院では薬剤部で点滴の調合はしてくれません。
病棟ナースが確認から調合までするので、点滴だらけになる冬場は夜勤中ずっと点滴の確認・準備・交換に追われています。
点滴を自己抜去する方もいて、シーツが血まみれになっていたり、ルートをはさみで切ってしまう認知症の方がいたり・・。
一般病棟では起こらないハプニングが起きたりします・・・(>_<)

夜勤専従看護師って高給なの?私が夜勤専従を選んだ理由。

pixta_6659259_S.jpg
私は夜勤専従パートをしています。
月に8回前後の勤務です。
夜勤専従常勤の場合だと月に10回以上の夜勤です。
常勤だとシフトの自由度が少ないので、パートにしました。
今の職場は民間病院の混合病棟です。
ケアミックス病院で慢性期の患者さんが大半です。
特に難しい処置や医療行為がある職場ではありません。
ただ高齢者が多いので、予測がつかない急変は時折あります・・・。
今の職場は看護師2人+ヘルパー1人の体制です。
急変時は看護師2人体制だとキツイですね。
ヘルパーはナースコール対応を中心に動いてくれますが、医療行為が必要な事に関してはお願い出来ない事が多いですよね。
ナースコール対応をしてくれても、結局は看護師が対応する事がほとんどです。
慢性期や療養病棟では看護師2人体制の職場が多いですよね。
一般病棟に比べたら緊急性の高い仕事や、難しいケアが必要な患者さんは少ないのですが、やはり急変などは多いです。
高齢の患者さんでは入院時に頂く急変時の対応の同意書が「苦痛を与える蘇生は望みません」を希望している方がほとんどです。
高齢の方は家族も高齢であったり、遠方に住んでいてキーパーソンの方の来院までに長時間かかるケースもあります。
入院時に同意書を取っていても家族が来院されるまでは、何もしないワケにはいきません。
夜中だと連絡が取れなかったり、足がなくて来院が出来なかったり・・・。
長期療養病棟ではそのようなトラブルが多いですね。
私は夜勤専従パートで月に8回ほど夜勤に入っているので、トラブルの経験も他のスタッフよりも多いのですが。
夜勤専従では、シフトがリズム良くと言う訳にはいきません。
夜勤スタッフの確保が難しい日にシフトを入れるので、夜勤が連続したり、そうかと思えば連休が続いたり・・・。
休みが多くて良いのですが、たまに3日連続夜勤があったりします・・・(>_<)
夜勤は1回3万2千円です☆

シングルの私が夜勤専従パートを選んだ理由☆看護師夜勤専従について

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg
民間病院の脳外科病棟で夜勤専従パートをしています。
私はシングルマザーで病院の院内保育園に2歳の子供を預けながら働いています。
この病院に来る前は隣県に住んでいました。
母子寮があって、育児支援がしっかりとしている病院を選んでいる時に今の職場を見つけました。
今の職場は、パート看護師にも育児支援手当や家族手当、保育支援手当などが支給されます。
それに母子寮があり、シングルマザー看護師の受け入れがとても良いのです。
私以外にも夜勤専従をしているシングルマザーナースがいます。
周りも子育てに理解のある方ばかりです。
いつも子供の事を気にかけて声を掛けてくれます。
今の職場は脳外科病棟なので、ADLの低い患者さんが多いです。
病棟は38床ですが、半数の方は寝たきりです。
体向やオムツ交換も多い職場です。
認知症の症状が出ている方も多いので、目が離せない方も多いです。
高齢者が中心の病棟なので、急変も多いですね。
夜勤は看護師3人体制なので、何かトラブルがあっても対処出来ますし、夜勤でも休憩1時間と仮眠2時間はちゃんと取れますよ!
土日は看護師2人+看護助手1人になります。
土日は夜間業務も少ないので、特に何もなければ看護師2人体制でも問題はありません。
でも、何かトラブルがあった時は看護師2人体制だと対処が出来ない事があります。
緊急入院もたまにありますね。
看護師2人でも対応出来るけど、何かトラブルがあった時はとても仮眠や休憩は取れません。
平日の夜勤の方が業務が多くて大変だと分かっていますが、看護師3人体制なので、夜勤に入るなら平日が良いなと思っています。
私はシングルマザーなので、子供が急病の時の夜間の預け先はありません。
でも今の職場は病児保育や病後児保育があります。
保育士の人数も充分いて、安心して預けられますよ!
夜勤明けの日中は子供と一緒にタップリ遊べます!
夜勤が連続すると疲れる事もありますが、今は子供と接する時間を確保できる今の働き方が私にはあっているようです。

シフトの希望が通りやすい 自分の都合に合わせて働ける看護師夜勤専従

pixta_7414720_S.jpg
夜勤専従看護師の場合、派遣、パート、常勤と勤務形態はそれぞれありますが、普通の勤務の方に比べシフトの希望が通りやすいのです。
夜勤専従は小さい子供がいるナースには無理と思われがちですが、小さな子供がいて敢えて夜勤専従を選ぶ方も結構います。
私が勤める病院にも24時間院内保育園を利用して、月に8回ほどの夜勤専従をしているママさんナースが何人もいます。
夜勤専従を募集している病院では、病棟には数名の夜勤専従ナースがいるケースが多いと思います。
夜勤ができるナースを確保できないため、夜勤専従ナースを数名募集しているというケースが多いのです。
そのため、各病棟には夜勤専従ナースが数名います。
小さな子供がいるママさんナースも多いので、院内保育園のある病院を希望される方も多いですよね。
最近は院内保育園に病児・病後時保育のある病院も増えています。
夜勤の場合は当日の勤務変更が難しいので、病児や病後時保育があると安心ですよね!
例えば、子供がまだ小さいからご主人の都合がつく夜はご主人に任せて、子供が寝ている時間に働きたい方がいるとして、子供がいると日中に何かしらのイベントがある事が多くないですか?
まだ小さい子供なら、健診や予防接種、保育園や幼稚園なら、保育参観やお弁当の日、遠足や運動会にお遊戯会などなど・・。
これらって、平日とか土日に関係なく日中に多いですよね。
日中に勤務をしている方の場合は、仕事を休んでイベントに参加することになると思いますが、夜勤専従の場合はその必要がありません。
病院などはシフト制ですから、毎月休み希望など出すと思います。
一般の勤務の場合だと月に2日程の希望しか出せませんが、夜勤専従の場合は、ほとんどのイベントは休み希望を出さなくても行けますし、割と、自分の都合に合わせてくれるので自分のペースで働きやすいと言えます。
夜勤専従のパートやアルバイトの場合は夜勤の曜日や回数を選択出来たり、単発で夜勤アルバイトをする場合は、月に2回とか少ない回数で、自分の好きな時に働いたり出来るので、本職と掛け持ちでアルバイトをしていたり、日中は他の派遣やパートをしながら、週末の空いた時間で夜勤アルバイトをしている方も結構いますよ。

整形外科の専門病院の夜勤専従看護師

pixta_6470834_S.jpg
私は整形外科の専門病院で夜勤専従をしています。
主に膝関節症や脊柱管狭窄症やヘルニアの手術を行う病院です。
交通事故などの急患も多いですね。
平日は朝から晩までオペの毎日です。
1日に多い時は8件ほどの手術があります。
朝の9時にオペがスタートして、8件目が終わるのは遅いと22時過ぎです・・・。
17時には日勤ナースの業務は終わるので、ひどい時は夜勤でオペ出し2件とかあります。
しかもリオペになる方もいたりして、夜勤でオペ代4件という経験があります・・・。
うちの病棟の夜勤は、看護師2人+看護助手1名の計3人です。
看護助手さんはナースコールには出てくれますが、その後は必ずピッチが鳴り「◯◯さんが痛み止めを希望しています」とか「◯◯さんのトイレ介助お願いします」とか「◯◯さんって安静解除は何時からですか?」とか・・・。
その度に業務が止まってしまって・・・せめて看護師3人夜勤にしてれればな〜と思います。
整形外科病棟は、骨折や気胸などは若い方でも起こりますが、膝や腰の疾患の多くが高齢者です。
膝と腰の手術がメインのウチの病院では、高齢者の患者さんが多くなります。
80代の方でも手術をされます。
整形外科と言うと内科系の疾患とは無縁だと思われがちですが、患者さんの多くが高齢者の為、ほとんどの方が基礎疾患を持っています。
心臓系や脳関係、糖尿病や高血圧など何も基礎疾患がない方はほとんどいません。
持病に心臓系の疾患や糖尿病などがある方は、オペの前後は管理が大変になります。
オペ前は指定された内服を中止するので、その間に何かしらの症状が出ることもあります。
糖尿病の方の手術も、手術後は出血しやすい傾向の方が多いですし、傷の治りが遅くなりがち、血糖のコントロールが難しいこともあります。
整形だけど内科や循環器の勉強も必要になります。
全身麻酔の方がほとんどなので、オペ後はモニターを付けます。
高齢の方はオペ後に、除脈になったり、不整脈を起こしやすく、急変の可能性も若い方に比べて高くなります。
どこの病棟でも、基礎疾患は最低限勉強をしておく必要があると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

個人病院で夜勤派遣をしています!(^^)!看護師夜勤単発派遣の口コミ

pixta_5322402_S.jpg
スポット派遣で、色々な個人病院に派遣で行っています。
スポットの仕事なので、派遣先は毎回変わります。
長くスポット派遣を続けていると、同じ職場に当たるケースも増えてきます。
スポット派遣の募集をしている職場は、だいたい常に募集をしている場合が多いですね。
私は、眼科と産婦人科にスポット派遣で行っています。
どちらも個人のクリニックですが、産婦人科には入院施設と分娩施設があり、病棟は助産師が沢山勤務しています。
スポット派遣の看護師は主に、夜間の電話対応と、外来の対応だけで、分娩や病棟業務には直接関わりません。
なので、産婦人科の経験も全くない私でも問題なく勤まります!!
眼科の方は、夜勤と言っても、週1回の白内障オペの方が1泊入院されるので、週に1回だけ夜勤があります。
ここの眼科は、普段は日中の診察のみですが、木曜日のみ白内障オペがあり、週に3~4人の方がオペを受けています。
白内障のオペなので、オペ後の看護も大して大変な事はありませんが、高齢者の患者さんがほとんどなので、眼帯をした目でフラフラして転倒したり、点眼の時間を忘れてしまったりなどのトラブルがあります。
ナースコール対応もしますが、ほとんど仕事はありませんね(#^.^#)
どちらの夜勤も楽ですよ★
(30歳 私立病院常勤+スポット派遣 兵庫県)

救急外来の看護師夜勤単発派遣

pixta_7414720_S.jpg
救急外来での夜勤看護師求人は多いですね。
救急外来は常勤ナースよりも非常勤ナースの方が多いです。
常勤ナースは一般の病院が閉院する時間帯(17時以降)から翌朝の9時までの時間帯で交代制で勤務に入ります。
土曜日は午後から(13時以降)勤務が始まり、翌朝の9時まで。
日曜日・祝日は24時間の勤務になります。
救急外来は、病院に付属している2次救命救急・3次救命救急と、病院には付属していない救急医療センターに分かれます。
重症度の高い患者さんが運ばれてくるのは病院付属の3次救命救急です。
第3次救命救急では一刻の猶予もないほど重篤が方が運ばれてきます。
そのまま緊急オペとなるケースも多いです。
多くの第3次救命のある病院では、ICUやCCUがあるので、救命処置が終わり次第、各部署に移ります。
挿管・Aライン・体外ポンプ・輸液・劇薬の取り扱いなど、難しい医療処置が続きます。
救命救急では経験のある看護師しか通用しません。
単発での看護師募集はまずありませんし、単発で仕事に入っても仕事になりません。
単発夜勤派遣の求人は、民間病院の第2次救命救急か救急医療センターの求人になります。
特に救急医療センターの求人が中心になります。
こちらも救急の患者さんが運ばれてきますが、第3次救命救急ほどの重症度の高い方は運ばれて来ません。
重症度が高く、緊急で医療処置が必要になる場合は病院付属の施設に運ばれます。
救急医療センターで容態が急変した場合は、入院施設がないので、近くの救命センターのある病院に運ばれます。
なので救急医療センターでは、自家用車で来院される方が多いですね。
特に夜間は子供の救急受診が多いです。
熱が40度、何度も吐く、咳が止まらない・・・・。
朝まで待つのは不安だから何とかして!と言う方が多いです。
救急医療センターでは当日分の内服を出す程度で、翌日に医療機関を受診するようにすすめる位です。
子供の病気は本当に救急受診が必要なケースの方が少ないですね。
単発でも仕事に入れますが、急性期病棟や救急外来の経験者の方がスムーズに仕事に入れますよ!

老人病院の夜勤単発派遣について☆看護師の夜勤単発派遣の口コミ

pixta_6815435_S.jpg
老人病院で夜勤単発派遣をしています。
もともと介護系の職場で常勤をしていたので、特に違和感なく職場に入れます。
単発の仕事は、すぐに職場に馴染んで業務にスムーズに取り掛からなくてはならないので大変な面もあります。
全く経験のない科や職場に行くと、何となくの業務の流れも分かりませんよね。
私はもともと老人病院で常勤をしていたので、何となく流や、看護業務について分かっていました。
各病院によって大きく違う事は特にありません。
忙しさや看護師の業務の範囲は多少違いがありますね。
夜勤の看護師配置人数が少なければ、夜勤は仮眠・休憩が難しくなります。
各病棟に看護師2人体制が理想ですね。
看護師の業務は看護業と言う病院もあれば、介護士と一緒に介護業務も手伝う職場もあります。
看護師は夜間に日勤では出来ない看護計画の立案や修正などが沢山あります。
ケアカンファにかけるための書類を作ったり、転院や検査入院の場合はサマリーを書いたり。
カルテや温度版の整理や、翌日の入浴表のチェックや救急カートの整備、点滴や採血の準備、内服のセッティングなど、夜間でも業務は沢山あります。
介護士は2時間置きのラウンドに回りながらオムツ交換をします。
看護師も合間を見てラウンドに回ります。
認知症の方や、重症度の高い方は頻繁にラウンドに回ります。
老人病院は、一般病院から来たナースは「急変が少ない」と思っている方が多いですね。
実際は急変やステルベンは多いですよ。
夜間に急変して救急搬送・転院となるケースもあります。
一般病院と違って医療設備が整っていないので、救急処置にも限界がありますし、院外のドクターが当直に入っている事もありますし、当直は院内に1人しかいないので、急変が重なった時は地獄です・・・。
老人病院は16時間の夜勤時間が長いな・・・と思うくらいに大変だと思いますよ(>_<)

民間病院で夜勤単発派遣☆看護師のおススメ夜勤単発派遣について

pixta_6653242_S.jpg
民間病院の夜勤は常勤ナースより非常勤ナース(夜勤バイトや夜勤派遣など)の方が多い場合がありますね。
看護師3人夜勤で、1人が常勤、残りの2人が非常勤(夜勤専従パート+夜勤単発派遣など)と言うケースもあります。
どこの職場も夜勤ナースを確保するのに苦労しています。
日勤常勤を希望する方は多いのに、夜勤専従を希望する方は少ないですよね。
ママさんナースは夜勤免除希望の方が大半ですしね。
夜勤が出来る病棟ナースが確保できないため、単発での夜勤派遣の求人があります。
私は民間病院の整形外科病棟で不定期に夜勤単発派遣をしています。
不定期で、都合がつく時だけシフトを入れています。
職場にもよりますが、単発でも働きやすい職場と、苦痛で仕方がない職場に分かれます・・・。
私が受け入れる側の人間なら、やはり単発でのスタッフの扱いに戸惑うと思います。
どのくらいの経験がある人なのか?その科の経験があるのか?性格やどうして夜勤単発をしているのか?など分からない事だらけだからです。
しかも1日限定で仕事に入っても、お互い全く馴染めないまま1日が終わる事も多いですしね。
私が夜勤単発派遣をしているのは、次の仕事までの繋ぎのためです。
私は年度途中で職場を辞めているので、4月からの就職まで結構時間があります。
あまり長期間休むと体が訛りますよね・・・。
夜勤単発派遣は給料も高いので一石二鳥です。
整形外科の経験もあるし、以前は民間病院で病棟ナースをしていました。
整形外科の患者さん層って病院によって結構違いますね。
以前の職場はオペ中心の病棟だったので、夜勤は走り回ってましたが、今の職場は交通外傷や怪我の方が多いので、緊急入院や緊急オペもほぼありません。
夜勤でも座って記録が出来ます!
職場によってこんなに違うんだ!とビックリしています。
業務が落ち着いた職場なので、単発で職場に入ってもすぐに馴染めましたし、周りのスタッフも穏やかに色々な事を教えてくれますよ☆

一般病院の夜勤単発派遣はあるの!?看護師の夜勤単発派遣求人について

pixta_4995602_S.jpg
一般病院の夜勤単発派遣の求人はレアなケースです。
あまり一般病院では単発での求人は出しません。
夜勤単発求人の多くが介護系の施設です。
でもたまに一般病院でも夜勤単発派遣の募集があります。
急性期病棟での募集はまずありません。
慢性期・療養病棟・ケアミックス病院での募集がほとんどです。
私はケアミックス病院の療養病棟で夜勤単発バイトをしています。
埼玉県内の病院を何か所か回りました。
今は一か所の病院に絞って、不定期に仕事に入っています。
夜勤単発派遣のメリットは1回のみの仕事で良いので、自分の都合に合わせて働けると言う点です。
ダブルワークの方にとってはシフト自由と言うのは有難いですよね!
デメリットは、1回限りの仕事なので業務の流れが掴みにくくてスムーズに業務に入れない事です。
初めて行く職場でスムーズに仕事に入るなんて無理ですよね。
特に一般病院ではそれなりに医療行為があるので、いきなり職場に入っても足手まといになり、職場に負担を掛ける事もあります。
夜勤単発派遣では職場選びは重要です。
あまりハードな職場や医療行為が多い職場を選んでしまうと、単発での仕事の場合はたいていはスムーズに入れずに嫌な思いをします。
単発派遣の求人を常時出している職場では、受け入れ体制が出来ており、統一して指導を受けられます。
職場の受け入れが悪いと、スタッフによって指導の内容が違ったり、聞く人によって言う事が違ったりします・・・。
私が今行っているケアミックス病院は夜勤単発派遣のナースが数名います。
職場の受け入れも良く、分からない事などはどのスタッフに尋ねても同じ回答をしてくれますし、派遣ナースを重宝して大事にしてくれます。
声掛けも優しくしてくれますし、夜勤に入るのも全く苦痛はありませんよ☆
良い求人に当たったな☆と思っています。

老健で夜勤単発派遣☆看護師の夜勤派遣について

2e6118144aa959cb08a0dd69647ca93b_s.jpg
老健での夜勤って一般病院に比べて楽だと思っている方が多いと思います。
私も介護系施設での経験がない時はそう思っていました。
確かに医療行為は一般病院の方が圧倒的に多いのですが、老健は夜勤でも業務がとにかく多いのです。
これは各施設によって業務内容や業務量、スタッフの配置人数に違いがあると思いますが、どこの施設に行っても、夜勤に関しては一般病院よりも老健の方がハードだな・・・と思います。
一般病院は土日の夜勤や、オペがなかった日の夜勤は落ち着いていて仮眠も休憩もいつもより多く取れた!なんて経験があると思います。
老健の場合は医療行為というよりは雑務が多くて、夜間は休憩もあまり取れないということがよくあります。
老健はまだ電子カルテを入れていない施設が多くて、夜間にたくさんのカルテを引っ張り出して、記録したり、看護計画の立案・修正などをします。
朝はたくさんの温度板を広げてバイタルの記入をします・・・。
電子カルテならカルテを探す手間もなので、だいぶ業務の短縮になるのに・・・。
夜勤で1人のナースが30〜60人の患者さんを受け持つ老健では、こんだけの記録や温度板をつけるだけでも、時間のロスです。
これがなければ、老健の業務ももっと楽になるのにな・・・と思います。
老健は、医療行為は介護系施設の中では一番多いです。
雑務も多い上に医療行為も多いので、残業も多くなりがちです・・・。
難しい医療行為はありませんが、高齢者が相手なので、基礎疾患はみなさん持っていますし、色々な科の患者さんを一度に見るので幅広い知識が必要かなと思います。
ドクターは当番医の場合は院外のドクターが夜勤をしているので、そんな時の急変やステルベンは本当に大変です。
緊急搬送する時も、1人で電話報告や救急対応をしながら搬送や転院のお手伝いもします。
介護士では医療高は手伝えないので、夜間の急変は本当に重労働です。
夜勤の単発派遣は老健の求人が多いですね。
楽!と思って働くと、ちょっと後悔するかもしれませんね・・・。

老健の夜勤派遣(#^.^#)看護師派遣の口コミ

pixta_5275659_S.jpg
私は単発派遣で老健に行く機会が多いです。
老健は、介護系の施設の中でも医療行為が一番多いので、夜間も結構忙しいですね。
でも、老人ホームや老人病院に比べて夜間の看護師の人数が多いので、トラブルがあった時も対応出来ますね。
私が派遣されている老健は、60床の病棟に看護師2人と介護士2人で夜勤をします。
常勤が少なく、パートやバイトの看護師が多い職場なので、夜間は派遣の看護師がたびたび来ますね。
派遣看護師が来る事が多いので、職場のスタッフも派遣のスタッフへの接し方は良く分かっているので、気が楽ですね。
これが、派遣看護師はほとんど経験がない職場に行くと、職場側もどんな風に対応すれば良いのか分からないから放っておかれるし、指導も適当な感じで孤独を感じますね・・・。
今行っている老健は、派遣スタッフが多いから施設長や他の看護師も派遣ナースにとても優しく指導してくれますし、休憩や仮眠の時も声をかけてくれたり、楽しくおしゃべりしたり(#^.^#)
とても雰囲気の良い職場ですね。
派遣される先によって職場の雰囲気は違いますね。
でも、単発とか期間限定の派遣であれば、その期間が終わってしまえば、もうその職場とはかかわらないので、多少の嫌な事でも我慢出来ちゃいますけどね(#^.^#)
夜勤派遣は時給も高く、私は日給(2交代・16時間労働)で3万円頂いていますよ!
老健でこの給料はかなり恵まれていると思いますね★
(34歳 民間病院パート+老健派遣 北海道)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師派遣に成功した看護師の秘密

派遣トップ画像1.jpg
派遣トップ画像2.jpg