週末はデイサービス看護師の派遣に行ってきました。

pixta_7131474_S.jpgデイサービスには大規模な施設、小規模な施設、認知症専門施設などいくつかに分かれます。
大規模な施設では1日100人の転院など、利用者さんがとても多く、その分スタッフも多いです。
利用者さんは、介護度が4や5の方は1日に2~3名ほどで、それ以外は要観察程度の身の周りの事は自分で出来る自立をしている方がほとんどです。
中規模や小規模の施設になるとスタッフは少なくなります。
介護度が高い方の受け入れについては、その施設に看護師が確保出来るのか?などの条件で受け入れ体制が変わってきます。
私が何度かバイトで行った事がある大規模施設では、1日の受け入れは100人、介護度の高い方は1日2人までと言う感じでした。
スタッフは看護師は常勤が1人、パートが2人、それ以外は派遣やバイトの看護師が1~2人と言う感じです。
2フロアーに分かれていて、50名・50名をスタッフを2チームに分けて看ます。
デイサービスの場合は、介護度の低い方は毎日の様にデイサービスを利用する事は出来ないので、週に1~2回の利用の方が多く、介護度の高い方は週に3回4回と利用されています。
私も毎日仕事に行くわけではありませんし、利用者さんも日によってメンバーがガラリと変わるので、名前と顔も一致しません(T_T)
それでも、介護度の低い自立した利用者さんがほとんどなので、看護師はバイタル測定と健康観察や作業療法のお手伝いが主な仕事なので、特に困る事もありません。
医療行為はほとんどなく、1日に2人ほど経管栄養の方がいたり、寝たきりでオムツ交換やデクの処置のある方がくる程度です。
デイサービスなら医療行為もありませんからブランクがあっても大丈夫ですし、残業もなくシフトの希望も自由なのでママさんナースにも働きやすい職場ですよ。

看護師転職に成功した看護師の秘密

しかし、看護師専門の派遣会社を利用すれば転職に成功することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加